2009年05月31日

ゾロ千秋楽

プロローグのゾロがゾロゾロ、全員マスクなしの素顔でしたー!
実は私全然気がつかず。
「夏希さんカッコイイわー!」と普通にウットリしておりました(笑)
客席のざわめきで「あ、そうか!素顔ってスペシャルか!」と思ったという。



千秋楽のピンクは絶好調!!

「地獄に堕ちろ!」は大佐の肩章の房をシャシャシャシャッと払いながら。
しかも言ってすぐに飛びのいて逃げてた。知らん顔してるのがオモシロ過ぎる。

ダンスが始まると背中から大佐に追突。
大佐は肩章を直すふりをしながら威嚇。
「もーおっかない顔してー」的表情で去っていくピンク。

ダンスに加わると、総督のマントにアワアワしたのち、総督の手を掴んでくるくると回転させてました。
回った後の総督、「い、いま何が起こったのだ?」風小芝居の後、奥様に向きなおってダンス再開。
全然笑ったりしない!大佐とともにあっぱれでございます。


そしてこの後、千秋楽渾身のアドリブと思われる、「実は大佐は関西人だった?!」の巻です。
 
 

ピンクは長い足をいっぱいに開いてジャーンプしながら登場。
3ジャンプで大佐の元に到着。

剣の切っ先をものともせずに大佐にすり寄り、あろうことかカツラをメンドーサにかぶせた!!(爆)
ピ「そんな危ないものは収めて、これをどうぞ♪お似合いですよ(*´∀`*)」
(大佐の頭には白い物体が斜めにポンッと。すると絶妙な間があって…)
メ「そう?このピンクのリボンがね…ってなんでやねん!!ヽ(`Д´)ノ」
グワシッと掴んで力いっぱい地に叩きつけられたカツラは、哀れ前髪部分がベローンとなってしまいました(笑)
ピ「なんてことを…うーん。またかぶっちゃおう♪」
とかぶりなおしたピンク。
伸びきった前髪を気にしつつ、ロリータにダンスを申し込みます。
この時大佐は苦虫を噛み潰したような顔でサーベル片手に上手でポーズ。
(内心、客席の反応にホクホクしていたに違いない!)
こらえきれない笑いに後ろを向いて耐えていたとにゃみ。
なんとか立ち直った後、「私はこの後ソロがあるのにー!ふざけるにもほどがあるっちゅーねん!!」的な渾身のパンチが飛んでました(爆笑)

かなり間があったので、ピンクは何度もダンスを申し込むし、大佐は微動だにせず待ってるし、その空気がなんとも言えずにおかしすぎました。

それにしてもメンドーサって関西人だったんや…(笑)


フィナーレになると退団者の胸元にコサージュが。
いつもより退団者をしっかりと観ましたよ。
posted by ニイナ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 風の錦絵/ZORRO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120567821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック