2009年06月19日

AQUAコンの思い出

まだ語るのかって感じですけど、肝心の「歌」について何にも書いてないっていうね!

あ、元気なテルに会える「フレパ」は録画していてまだ見ていません。
(ダーツだけはワンセグで見た。
お弁当100個ってチエー!夏希さんの真似しないで、欲しいものもらえばいいのに。
「焼肉 オレだけ食べ放題」とかさー!←チエをなんだと思ってるのか)

さて。全曲感想を書くほど思い出せないので、特に印象的だった曲について。
 
 

●AQUAの地球(ダンスアレンジ)
前曲『最後の言い訳』が終わるとステージが薄暗くなり、「コツ コツ コツ」という足音効果音が流れます。
その音に合わせて奥から前方に進み出る夏希さん。
前に来たところで激しい打ち込みの音が鳴り、全員がまるで音に操られるように動き…激しいダンスへ!
(言葉で説明しても何にもならないことに気が付いたけど…ま、いっか)
基本チカユミ目線なので、キムひろみが何してたか覚えてなくて申し訳ないんだけど…
ユミコは脚を前後に開脚してスーッとステージに沈み、夏希さんは片脚を高く上げてバランス。
(これきっとどちらも専門用語があるはずだ)
それまでの耳に馴染んだ曲&ダンスと違って、結構ドキドキ&ウットリ。
全員順番にソロで踊ったので、是非DVDでは必ず一人ずつ映して欲しいな〜

●ミステリー&ラプソディー(最初は手話)
これも少し暗い中で前奏が始まり、CDでは機械音声っぽく処理された部分はそのまま流れて、全員が順番に歌詞を手話で表現してました。
(本当に手話として正しいかどうかは不明ですけど)
これがまたカッコイイんですよ!!
美しく動く腕と手にウットリ。声を発しないけれど、歌詞が切ないので表情もそんな感じでキュンとくるし。
曲がかなりハードなアレンジなので、ソロの部分は音に負けないように、歌詞に負けないように、全身で歌うって感じで。
しかも照明が赤。
他の曲では見られない顔が見られるというか…
キムひろみの二人は、声は甘いのに身体を二つに折って渾身の歌唱!!なのがギャップがあってまたヨシという感じでした。

●Water Ringー旅立ちの章ー
星組で頑張っているテルと
今までのAQUA5と、これからのAQUA5と
そしてここにこうして来てくれた、同じ空間を共有している皆さんに捧げます
みたいなことを夏希さんが言って、この歌が始まりました。
その時は目の前にいるAQUAメンバーに夢中であまり歌詞が頭に入ってこなかったんですけど…
改めてアルバムを聞いてみると、グッときますねぇ。

********************
また思い出したネタ
アンコールでのカラーボール投げ、メンバーのサインが入っているものと「Tシャツ」って書いてあるものがあったそうなんですけど。
その「Tシャツ」にはメンバーのサインが入っていて、さらにはメンバーが梱包しなおしたということでした。
Tシャツを袋詰めするAQUA5…家内制手工業ですか(笑)
投げながら必ず夏希さんが「Tシャツって書いてあるのは、ちゃんと交換して帰ってねー!」と叫んでいましたので…
運良くゲットした人はもらって帰ったかな?

Tシャツは「黒が最強」
ステージでは白を着ていたメンバーですが、男役としてはやはり「黒」だね!とか言ってました。
お稽古始まってますが、みんなで着てるのかな〜

そうそう。千秋楽には確かユミコがこんなことを。
「もうここの会場では売り切れちゃってるみたいなんですけど、キャトルレーヴにはあるそうなので!お買い求め下さい♪」
販売活動にも余念の無いAQUA5なのでした(笑)
********************

お稽古場での「ユミコの夏希さんへの2ヶ月限定タメ口」は敢行されてるんだろうか(笑)
窺い知れないだけに…気になる(笑)
posted by ニイナ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | AQUA5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121798664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック