2009年12月15日

『情熱のバルセロナ』勝手な脳内補足

近況を書いたらちょっと気が楽になりました。
思いがけずコメントいただいて嬉しかったです。レスはしばらく出来そうもありませんが、嬉しく拝見しています。
ああやって書けるくらいには復活してたんだなと自分で思ったり。
ホントそれまでの記事見ていただくと、アップする意味があるのか的な感じですから…


個人感想とかはなんだか無理なんだけれど、楽しめない『情熱のバルセロナ』を楽しむ為に勝手に脳内補足をしていたことを覚書きとして記しておこうかと。
公演自体のまっとうな感想じゃないです。
終わった今なら書いてもいいよねーというのもありまして。
私はこの作品が全然合わなかったので、大好きだった方には向きません。
そこのところは宜しくお願いします。
 
 

夏希さんはカッコよかったけど、フランシスコが馬鹿過ぎて全然ダメで。
それで下がってたテンションが上らずに終わった部分も無きにしも非ずでして。
フランシスコって夏希さんの芸風に合わないと私は思うんですよね。
本人がどうこうという意味でなく、持ち味の中に馬鹿っぽさがないとダメっていうか。
今回の全ツメンバーなら、せしるが最も適任。
雪組内で一番はまるのはチギだと思う。
最近のトップならタニオカだろうなぁ。
『情熱のバルセロナ』と『バレンシアの熱い花』は逆の方が持ち味に合ってたんじゃないかな。

で、「面白くないなー」と思いつつも12回も観るわけで、それなら勝手に楽しもうとするのがヅカヲタ魂。
整合性はどうでも良くて、色々思いついたままに楽しんでました。

まずラストが本当に気に入らないので…
・リンダの装飾品には痺れ薬が仕込んであり、大公の願望成就ならず
・いざ、ことに及ぼうとするとリンダは有り得なくらいマッチョで萎える
・大公は部屋に入った途端、ラファエルに刺されてお陀仏
・大公が部屋に入ると、ベッドに横たわってるのはラファエル(爆)
・リンダはマチルダの手引きで窓から脱出(@フランシスコと同じ方法)
とかね!
誰の犠牲の上にその命あると思ってんだ!!とラストシーンのフランシスコの愛馬鹿脳にイライライライラしたもので(苦笑)
そうそう、ラファエルに「リンダの危機なんだ!!」と耳打ちするのはルイスってことで。
もちろん、暗殺後の逃亡のための資金だとかルートもちゃんと用意してあげていて、本人は馬車前でリンダを待つ。(デジャブ)
リンダもここまでやれば結構スッキリしてフランシスコを思い切れると思うので、後は二人でラブラブで暮らしてもらおうという。


もう一つは、フランシスコはバルセロナに帰れなかったバージョン。
ルイスとリンダの会話を盗み聞きして馬に飛び乗り走り去るフランシスコですが。
追いかけてきた従卒あすちゃん、追いつくのは無理と踏んで、馬の尻目掛けて剣を投げたー!!
突然の痛みに暴れる馬から落馬したフランシスコ、その場で病院へ収容され留め置きに。
そしてここからフランシスコへのスペシャルプレゼントですよ。
もうね、ロザリアが来ちゃいなよっていう。
だって帰ったら死刑になるってことなら、もうロザリアが出向くしかないでしょう。
ルイス伯爵から活きのイイ馬二頭立ての馬車がロザリアへ。
従卒あすちゃんも大活躍で、めでたく二人は駆け落ち。
追っかけられると厄介なので、船で海を渡らせてあっちで幸せに暮らせと。
そしてルイスとリンダもしばらくは波風ありつつも、二人幸せに暮らしましたとさってね。

フランシスコがいい目見過ぎですが、これならみんな幸せ♪

だってもう、ホントこの人いい加減にしてって感じなので、教会に閉じ込めておくかどこか遠くで幸せにしとくかしたいんですよ。
教会でもねぇ、凄い破戒僧になりそうだけどねーエロ過ぎて(爆)


話のあちこちにも結構ツッコミまくってました。
まずはマチルダ凄いよねって話で。
リンダが「私の共の者を呼んでください」って言い終わらないうちにそこに来てるという察しのよさ。
おまけにラファエルの隠れ家へ出かけるときの変身ぷりと言ったら!!
髪型全然違うし。
役に立ちすぎる上に変身名人だなんて!
友人達との会話の中で、彼女は水戸黄門のお銀に違いないってことになりました。

フランシスコも大概だけど、ルイスのストーカー振りも結構なものだという話になり。
どうやらルイスの別宅の一つに身を寄せていると思われる、リンダとフランシスコ。
そこへ「2週間毎日手紙を届け続けるルイス」って…相当でしょう。
しかも2週間目には本人登場。
ここで「絶対自分で持ってきてたよね」という話で盛り上がりました。更に「毎日自分で来てたんじゃない?」というイタイ話に発展し(笑)
飛脚の振りしてやってくるルイスに、マチルダは「また…宰相でいらっしゃるのにこんなことをなさるなんて」と思いつつ、変装をしているルイスはばれてないと思っている風なので騙されたフリをしてあげる心優しいマチルダ。
2週間目になっても「いずれまた」なんて返事なのに業を煮やしたルイス伯爵、とうとう「実は…私なのだ」と飛脚装束を脱ぎ捨てる!!(爆)
ここでもきっと出来る女なマチルダは「まぁ!!宰相様!!」とか驚いてあげるんだよー
内心「あぁ、とうとうキレちゃったわ」とため息つきながら。
そしてルイスは一生懸命に銀の大きなリボンをキュッと結び、さも今来たかのような顔をしてリンダの前に現れるっていう寸法です。
…可哀想な人(爆)

あとね、リンダって凄い効果的に「あなた…」って言うよね〜
これってルイスを縛り付ける魔法の3文字。
「あなた」と「伯爵」って言うの、使い分けてて。
これ無意識ならまぁいいけど、意識的だったら恐ろしすぎる女だよね。
「あなた」は愛人としてOKの印というか。
呪縛の言葉なんだなー男って馬鹿だなーと、その3文字でリンダの我が儘を許し助けちゃうルイスを観ながら思ってましたのことよ。
それとは別次元で、ルイスの愛の大きさに感動しつつもですけど。(と一応付け加えておこう…)


それから根本的にビジュアルで楽しみたいということで、もういっそ『ブラボー』の衣装着て演じてくれないかねーっていうネタでも盛り上がりました。
・牢獄から覗いてるフランシスコが兵士の衣装だったらとか
・脱獄するフランシスコが、ショーのプロローグでピラニアちゃんとクルーズしてる夏希さんの衣装着てたら…とか(目立ちすぎてすぐ捕まります)
・マリア様に祈ってるロザリアが、羽根背負ってグラディエーターブーツだったらとか(敬虔なクリスチャンのはずが!!)
・馬車の前で待ってるルイスがパレードの緑羽根ユミコスタイルだったらとか(その後羽根が風の抵抗を受けまくり、馬で走れない!!というオチ付き)
・手紙届けに来たルイスがヘビの衣装だったらとか
・婚約者セルバンデスがサッカー少年スタイル、一緒にいるロザリアが赤い花だったらとか(全然誠実な感じのしないチャライ伯爵とどんな悪女かと思わせる妖しいお嬢様)
・後光が射してるマリア像の後ろから出てくるフランシスコが、中詰めのオラオラ5な夏希さんだったらとか(隠れ切れません)
・暗殺に行くラファエルが盗賊の革ジャンだったらとか(これ結構いい感じ?)
・ラファエル隠れ家に向かうマチルダ、顔を隠すんだったらパピヨンの衣装がいいんじゃないかとか(ここでエンリケもパピヨン、さらにせしるはピンクキャプテンだとか。後をつける必要もないほど目立ちまくり)
・リンダはコパガールの衣装で過ごしてみるのはどうかとか(男ども大興奮!!(爆))

マッタリした作品でとっても眠くてですね(苦笑)こういうことを考えて脳内活性に挑んでおりました。

そんなこんなで、結構楽しんでいたという話しでした。


終わってみて、やっぱり結婚するならルイス伯爵だよねっていう。
あんな大きな人物とならきっと幸せになれるわ〜
でも懐に入った後は出られないくらい束縛される危険性を孕んでるかもね。
それまでは「思った通りにやればいい」だけどさ。
この記事へのコメント