2010年05月14日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ1

超今さら。でもツッコミまくって笑ったあのお芝居(え?)について、書いておこう。
老後にDVDを見ながらまた楽しめるだろうし。

長らくサボっていた間に書き方を忘れてしまっていて、自分で読み返してもなんだか納まりがよくないんだよね。
まぁ自分メモということで。
しかもプログラムもルサンクも見てないから、記憶スケッチ状態でございますよ。(DVDも極度の金欠により購入しておりません)

じゃーとりあえず第一弾ということで…
 
 

【プロローグ】
「赤十字と全然関係ない!」ことにビックリするプロローグ。
しかも無駄に長い。
その時間で人間関係を説明するべきだということが、なぜ分からないのだーーー!!!
と初見からしばらくは思ったのですが。
芝居があまりにもアレなので、このプロローグがあって良かったと思わせる。
これが植爺マジック。(なのか?パリ空もそんな感じだったよなぁ)
夏希さんが最初百合の子たちの中でしゃがんでいる様(主に左耳と側頭部)が2階からチラッと見えて、2階席の時にはガン見してました(ちょっとイヤなお客さん)時々ちょっと動いたりするのがもーたまらなく愛しい(爆)
しかし普通に百合の子たちと一緒に大ゼリでセリ上がりじゃいかんかったのか?そして盆が回ってミナコ登場とかさー
それに夏希さんはどう考えても百合の中に居るときに緑の上着、舞台センターでは白い上着の方が映えたと思うんですけども…しかもセットの後ろで着替えるとか!トップスターなのに!
ユミコは最初男役群舞には出ていなかったのに、ある日の「彩吹も出たらえーんや」という植爺のひと言で、引っ込まずにプロローグ全場出演に。
歌う為に走って後ろにいって、ドンデンから出てくるのはかなり間抜けだったんですけども。
でも考えてみたら一度引っ込んでもあの百合の中で歌うならやっぱりソデから走って出てくるか、ずっとセットの後ろで待ってたりしたんだよね…どっちにしろ間抜けだ。
歌はひたすら「ソルフェリーノ」連呼だし。どんな人でも一度観れば歌えてしまう主題歌。
恐るべしサブリミナル効果!(違うか)
このお芝居、舞台上のセットが動くのはこの場面だけなんだよね。しかも人力!
…盆とかセリとか使ってさーもっと人間を使ってさーそうやって目に楽しい作品にしなはれ、とこれは何度も思いましたな。うん。
同じ流れでも、ずいぶんと豪華な感じになるよねぇ。(脳内で上演してみた)

【ハマコとキムの説明台詞】
…結局全部は理解できなかった。だって後ろの地図が役に立たないし。
それぞれが話しているところが点滅するとかさーもっと観ている人に優しい創りにして下さいよ。どうせ幕を作るならば!
それにあの後ろに立ってる兵士たちはなんだったの?
そしてあそこはどこなの?廊下なの?
おまけに野戦病院を「見回り」に行くだけなの?もっと有効な手を打たなくていいの?
兵士達の頭に付いているポンポンは、銃の掃除に使うんですよねーとか
キムの頭の後ろについてるフサフサの揺れ具合が気になって仕方ないなーとか
そんなどうでもいいことを考えているから、余計頭に入らないのもある。
芝居が始まったということは、植爺ワールド全開になるということで。
ハマコの「多数の負傷者が続出している」って…日本語としてオカシイってどうして気がつかないの!!
「オーストリア軍は、死に物狂いなんです」も、キムが言う台詞じゃないよね。
とかとか、あぁぁもう初っ端から変な日本語に引っかかりまくりでしたよ。お願いだから誰か校正して欲しかった。

【ゾンビ・チギーチュ登場】
舞台上に転がっている、死体役の人と人形…
人形使う必要あったんか。70人も組子いるんだから、全員生徒で良かったんじゃないのか。…死んでるだけの役だけど。
こういうのも、盆を回して大量の人を使うともっと訴えるものがあったんじゃないのか。
フラフラと彷徨う夏希さんの心象風景としても、グッときたと思うんだけどねぇ。
紙芝居じゃないんだからさー
そしてここから多用される「悲惨な惨状」
日本語オカシイでしょ。
話し言葉として変な熟語が頻繁に出てくるんだよねー普段から植爺ってあんな話し方なのかしらん。
ニワニワも説明台詞と夏希さんへの説教節を融合させなくちゃならなくて大変だったろう…
雪組は客席参加型推奨公演なのですが、今回は死体役で客席が参加することになってたなー
「みなせぇ、この何万という死体の山を」と指し示される客席。
…ま、寝オチ状態の人が散見されたのではないかと思うけれども。君達のせいじゃない!!
そして夏希さんの足をよじ登るチギーチュ!(そこまで小さくないよ!)
あれ実際に起こったら本気で怖いよね。
しかし助けると言いながら、フラフラ銀橋に来ちゃう夏希さんがツボでございましたよ。
そしてその銀橋のハケ際、「あ、ひょっとしてあそこだろうか、野戦病院になっている教会というのは!」という小芝居をしながら去っていく姿もツボでした。
細かい!細かいよ水夏希!!(でもそこがいい!!)


続くでしょう。
posted by ニイナ at 10:05| Comment(2) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑って、涙で、画面が見えない・・・!!
Posted by こくりこ at 2010年05月14日 10:44
ニイナさん、ステキすぎます(笑)。
あの、ミズさんの捌け際「あの教会に運べばいいのか」的芝居、細かいっすよね。
でも、そこが好き★
Posted by ゆかぴー♪ at 2010年05月16日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。