2007年08月13日

『エリザベート』千秋楽ご挨拶

千秋楽のご挨拶を思い出しつつ書いてみます。
ほかにご報告して下さっている方と私の記憶とミックスしています…(全部一から思い出すのは無理でした)
正しく&詳しくはCSでご覧下さい。
 

 

★ナガさんご挨拶★

 ありがとうございました、といつもの挨拶の後、感極まって言葉に詰まっていました。退団者のいない公演の千秋楽であんなふうになる組長さんはかなり珍しいと思います。
 それだけ感無量で、本当に大変な「新生雪組」の船出だったんだろうなと思いました。
よくぞここまで、と観ている私も思いましたし、スタートから今日までの進化を内側から見続けてきたナガさんの心中はいかばかりか…と思って、強く拍手しました。
 「すでに多くの方がご存知のこの作品を再び創り上げること」が大変だった、というような言葉もありましたし、やはり初演エリザを成功させた一人であり、二巡目のエリザを作り上げる組長として、今回のお稽古はプレッシャーとの戦いが本当に大変だったんでしょうね。
 今後の予定で『世界陸上』『TCA』『専科エンカレ』(日程間違ってましたね。どっちも9/7,8のはず)『全国ツアー』『銀薔薇』『轟悠コンサート』と紹介して大変そうでした。
 本当に予定びっしりで、タカラジェンヌって大変だわ。
 すでに退団発表がされている立さんについて触れるかなと思っていましたら、さすがナガさん率いる雪組は一味違います。
 挨拶の最後にスペシャルプレゼントがありました。
 『専科からご出演の立ともみさんは次回の花組公演で宝塚を卒業されます。
  雪組がご一緒させていただくのはこれが最後になってしまいますので、雪組からエールを送りたいと思います。
 ともみさん、どうぞ私たちの愛を受け取ってください。せーの』
 で組子全員が立さんの方に向かってシャンシャンを振り上げながら
 『エーヤン、ともみさん!!』
 立さんは全然知らなかったようで、照れながら嬉しそうにしていました。
 退団発表があってから、立さんが出ている場面ではロックオンして観ていました。優しくてお洒落なパパが大好きでした。
 「人生は短すぎて 退屈している暇などない」
 きっと花組公演でも素敵な立さんに会えると信じて。

 そして夏希さんを紹介してくれるのですが…
 『主演男役としてはじめての東京公演の千秋楽のご挨拶です』みたいなことを言われて、夏希さんが照れながら前に出てきました。

★夏希さんご挨拶★

 『今からちょうど1年ほど前にお披露目は『エリザベート』をするという話を聞いて、大変だなと思っていた。
実際本当に大変で、小池先生からのダメ出しがたくさんあり、それが全部終わるのに4時間かかったりした。
 また、私事になりますが、大劇の初日前に自分のトート像がどうしても見えてこなくて悩んだとき、安蘭けいさんに励ましてもらいました。』


カーテンコールは3回だったかな。
【1回目】
 『こんなに名残惜しい作品がかつてあったかと思うほどですが、この鬘(ちょっと払うような仕草)と黒い爪(手をひらひらさせつつ)とも今日でお別れです。これからも真心こめてあらたな作品を作ってまいりますので、雪組を見守ってください。』

【2回目】
 『今回から主演男役を務めさせて頂いておりますが(客席笑)、貸切公演や千秋楽もそうですけれど、挨拶させていただく機会が多く、そのたびに『今日は何を言おうかな』と考えていたんですけれども大変で。
 そんな数には及ばない……逆ですね。もっとたくさんのアドリブをこなした音月桂さん!お疲れさまでした!本当に素晴らしかったです!』
とキムをねぎらう挨拶でした。
 何を言い出すのやら、と思っていた場内全員(客席も舞台上も)が予想外なコメントに大笑い&大拍手。
 当人のキムもまさか自分のことだとは思わなかったようで、びっくりしてましたが嬉しそうでした。拍手の嵐に照れまくり&恐縮しきりでシャンシャンで顔を隠したりお辞儀したりとワタワタしてました。

ここで二階客席はスタンディングになりました。幕が上がったとき、舞台上が喜んでくれているのが分かって嬉しかったな。
【3回目】
 『ナガさんも言ってましたが、次の出場(客席からすかさず出演と突っ込まれ)…出演予定はAQUA5です。皆さんこちらもお越しください。』


あとどこのタイミングか忘れましたが、立さんとソルーナさんを紹介することも忘れず。
 『パパなのか立さんなのか分からなくなるくらいハマリ役だったともみさん、花組公演も頑張ってください!!観に行きます!!』
 『ソルーナさんも革命家を引っ張って下さってありがとうございました!次の『シルバー・ローズ・クロニクル』もよろしくお願いします!!(ここでユミコが夏希さんの羽根ごしにお辞儀)』
 『次に雪組全員が揃うのは来年のお正月公演です。まだ先ですが…こちらにも是非お出かけください』とも言っていたような。


夏希さんの挨拶はいつもなんだかお茶目で可愛いんですよね。
そしてあれもこれも言わなくちゃ!とカーテンコールのたびに思いつくようで、アセアセしながら早口で言うのが笑いを誘う感じで…
トートメイクなのに、ふんわり笑いながら一生懸命話している姿が本当にあのエロ閣下と同じ人?!と思わずにはいられません。

エーアン雪組!!この『エリザベート』を観られて幸せでした。
次回作も楽しみ。
今回レベルアップした組子たちが活躍できるような作品に当たりますように。
posted by ニイナ at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても素敵な千秋楽だったみたいですね!
レポを拝見させて頂いてこちらまで暖かい気持ちにさせて頂きました♪
雪組さん、ほんとにお疲れ様でした☆
Posted by at 2007年08月14日 02:10
雪組は本当に「あったかい」組だなぁと思います。
なんかどの組の時もそう思っている気もしますけど。
ヨレヨレのレポになってますが、喜んで頂けて良かったです。
Posted by ニイナ at 2007年08月16日 00:03
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51234756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック