2007年10月23日

君も青年館で僕と握手(笑)

SILVER

観て参りましたよ、彩吹真央ひさびさの主演公演『シルバー・ローズ・クロニクル』

歌がうまいって素晴らしい!

エリオット(ユミコ)はへなちょこで誰より世慣れてなくてダサダサなんですが。
でも意外と機敏なんだよね。あの身のこなし…へなちょこだけど運動神経自体はすごくありそうだ。
(実に真似したくなる動きなんだけど、絶対無理そうな柔らかさ)

プロローグがごく真っ当なタカラヅカだったので、話が違うじゃ〜んと思ったら、芝居が始まったら超ダサダサラブリー君でした。

真っ直ぐで可愛い奴ですよ。
小説書くより歌った方が儲かりそうでしたが…

アナベル(ビバリ=さゆ嬢)との間に一つ一つ積み重ねていく出来事を、自分の心の強さと人間としての豊かにしていく…
驚くべき速度で動き出す周りに、いっぱいいっぱいになりながらだけど。
諦めきれずにいた夢は一つ一つ叶っていくけど、一番欲しいものはなかなかその手に掴めない。
でも彼女と出会うことで得た幸せを、前に進む力と待ち続ける強さに換えて…
 
 

ラストは反則だよな〜
これは分かってから(二度目から)も泣ける気がする。

ユミコって相手役に向ける目が優しくて温かいんだよね〜
猛烈に『落陽のパレルモ』を思い出しましたよ。(あの時のあすかを見る目と言ったらもう!!)

明日からも楽しく観劇に通えますわ(*´∀`)

この記事へのコメント
見て来ました〜。
ラストが泣けるって聞いてましたけど、
天を仰いで、目を閉じて
降り注ぐ銀の薔薇の花びらを
浴びるゆみこのエロさに
泣くどころではありませんでした(笑)。
明日も行ってきまーす!
Posted by ちぃ at 2007年10月24日 00:48
エロイユミコ………
そんなのいたっけ(爆)と思って、昨日の夜真剣にユミコを観てみましたが…
私には「四角いユミたん」でした(爆)
エロイユミコにわたしもあってみたいです。
(私みたいな人は一生会えないのでしょうなぁ…)

どうもモヤモヤしたものを抱えつつ、今日も銀薔薇です。
Posted by ニイナ at 2007年10月25日 11:16

この記事へのトラックバック