2007年10月24日

月組生もわんさかようこそ!

夜の部、組総見を観てきました。
二回目は歌詞を聞く余裕があって、優しくて温かいエリオットの人となりがジワーッと心に沁みますね…

二幕の「アナベル奪回大作戦」がこれまたへなちょこで大好きです(笑)
クリストファー(テル)がエリオットたちにすっかり呑まれて、踊らされてて面白い。
しまいにはすっかりハマって、センターでノリノリだし。
あんなにたくさんの人と関わったことがなかっただろうし、しかも彼らはクリストファーを畏れたりしない『仲間』で…
次に目覚めた時、彼が人間のことをもうちょっと好きになってたらいいなぁって思いますね。


エリオットが周りの世界と積極的に関わり始めると、彼に繋がる人がみんな幸せを手にする。
そんな物語でもあるような…

やつれてるユミコを見ると「主演って大変なのね…」と思うけど、出ずっぱり&歌いまくりはいいなぁ。
実力をいかんなく発揮していて、安心して観て・聴いてられます。
人物像の深くまで伝わってくるユミコの芝居、やっぱり好きですね。

とファンっぽいコメントで締めてみる。
また明日ね(・∀・)ノ
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62262375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック