2008年10月30日

『太王四神記』制作発表

やっとイメージ画像とか出ましたね。
どこまで引っ張るのかと思ったら、制作発表までだった、という。

公式にも特設サイトが出来たので、まとめてアップします。
◆『太王四神記』特設サイト 花組 宝塚歌劇95周年(公式)
主な配役
タムドク/ファヌン・・・真飛 聖
キハ/カジン・・・桜乃 彩音
ヨン・ホゲ・・・大空 祐飛


◆宝塚歌劇団『太王四神記』発表会♪(『太王四神記』スタッフブログ)
◆【花組】タカラヅカ版「太王四神記」制作発表(SANSPO.COM)
 →◆写真一覧
小池先生の談話
 幸いタカラヅカ版については好きにやってくれと著作権者からいわれている。私どもが得意とするところを生かし、歴史ファンタジーであり、ミステリアスファンタジーである物語を、あくまでタカラヅカとしてまとめたい

設定を借りたオリジナルに近い感じになるのかな?
24時間を2時間にまとめるなんてとてつもないことだと思ってましたが、それならちょっと安心かな。

それにしてもあやねちんがカッコイイなー!
こういう路線で行くべきだよね。楽しみ楽しみ。

ところで、イメージ画像の下に「art director:Yuichi Nagase」と入っているので気になって調べようとしたけど…
見つからなかったー!
キャスト・スタッフページが充実しないと分かんないかな。
また新たなアーティストとのコラボですね。
posted by ニイナ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

『銀ちゃんの恋』千秋楽(昼楽も)

今日は会社を休んで『銀ちゃんの恋』ダブルでした(爆)
またダブル!
青年館の椅子はお尻が痛い〜

11時公演には、まとぶ&あやねちん&ちあきちゃんが来てました!
おぉぉ。トップスターと一緒とはラッキー!
めおがアドリブで「スターといえば真飛聖様だろー!」と言ってました。
カチンコの言葉は「聖なる花」
ラインアップではみんな3人へアピールしまくっていて微笑ましかった!

**********

千秋楽では豆もやしを頬張り、飲み込むのに悪戦苦闘する祐飛が観られました(笑)

人吉での万歳三唱は、ちゃーが止まらずに万歳をし続けるという、いつもとは逆バージョン。
しかもまりんの最初の発声は「千秋楽万歳!」でした。
めおは「次の仕事は韓国物なんだ。みーんな出るんだ」と言いながらはけていき、カチンコには「感謝」の文字。

アンコール、舞台上に一人立つ祐飛が「銀ちゃんに戻って…1,2の3で『銀ちゃんカッコイイー!』って言え!」とのご命令で(笑)
全員で言いましたけども。
祐飛よ…「1,2の3」でと言うのなら、「1,2の」で止めるんじゃない。
おかげで最初がちょっと不揃いになったじゃないかー!(笑)
でも言えて満足。

祐飛+退団者3名だけが舞台上にいた時には、各自にひと言挨拶を促し、「何か言い残したことは?」と問う祐飛に、ちゃーが「万歳三唱を!」と言って再び万歳。
こっちももちろん参加しました(笑)
退団者の万歳が終わらないので、祐飛が「もう三回やった!」と止めるオプション付き。

ともよちゃんの挨拶と退団者の紹介もとっても温かく、最後は総立ちの客席と共に舞台も盛り上がって幕でした。

は〜さすがに毎日ハードで疲れた(苦笑)
人はそれを自業自得という…
posted by ニイナ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

祝☆花組千秋楽

お天気がこのままもつといいんだけど…
涼しいのは大歓迎だけど、涙雨はいらないぞ。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

レッホッシーの密かなツボ

花組公演、そこそこ評判よく公演中。
芝居はともかく(ヒゲ萌えとトゥスンの若作り萌えしかない!←暴言だが私の中では真実)、ショーは秀作だと思っていたりします。
今年は普通のショーがないからねぇ。

後半の楽曲の美しさはかなり良い線いってると思います。
中詰めは若干グダグダですが(苦笑)
CDで聴くと後半戦美しいですよ〜(昨日家でヘビーリピートしていた)

それとは別に。
観劇時に私が毎回密かに楽しみにしているもの(?)があるんですよ。
それは紫のデュエットダンスで露になっている、「桜乃彩音さんの背筋」です!
あの背中の筋肉すごくカッコイイ!
ガシガシ踊っていてぐわんぐわん背筋が動いているのですが、見惚れるわ〜
これから観劇機会のある方は是非、ご注目下さいませ。
posted by ニイナ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

東宝Skystage cafe

skystage-cafe

こんな感じ。
写真はいろいろあって楽しめます。

今日はB席からマッタリと全体を眺めて楽しむぞ(・ω・)/
…お腹いっぱい過ぎて若干不安ですが(苦笑)
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

愛死&熱海(8回目)

初めて下手で観ています。
見えるものが違うな〜

今日は友会優先らしいので、最後に挨拶付きですな。ラッキー♪

みんな芝居が濃く熱くなってますね。
一番好きな場面はムハンマド・アリとイブラヒム・パシャ二人のやり取りなんですが、ヒゲ部の渋さがたまりません。
どうにもならない辛さを滲ませる先輩を、オペラでかなりガン見な件(笑)

続いてショー。
楽しみ楽しみ♪
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

まとぶインタビュー

サンケイ貸切の開演前に笠井アナによるまとぶインタビュー映像(ハンディカム)がありました(笑)
夏希さん&タニオカの御披露目時にもあったので、ひょっとしたらコンプリート?
笠井アナはダーバンを巻いて登場し、まとぶ大笑い(笑)
そんなこんなでしたが、インタビュー内容はごくまともでした。

暑い時期のダブルはしんどい〜(実は11時も観ていた)

ショーでサンケイアドリブあるかな?
終演後に中井アナによるまとぶインタビューがあるので楽しみ♪
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

異国を舞う若いハヤブサ(新人公演)

もうすんばらしいお席が友会で当たりまして!!
可愛すぎるれみれみをガン見して来ました!(←キモイよ…)

●望海風斗(イブラヒム 大空)
カッコ良過ぎましたけど!!本公演であの可愛いヤシムを演じているのと同じ人とは思えん。
銀橋飛び出しての歌にブレがなくて、「この人どれだけ大物なのか!」とおったまげました。
歌もうまい・イケメン・芝居もなかなか…と無敵な感じなんですけど。ちょっとタッパがないのが惜しい感じですかね。
最後にターバンを取って出てくる牢獄の場面で、その輝く美貌に釘付け!!
いやーいいもん観た。

●白華れみ(アノウド 桜乃)
かーわーいーいー!!!
なんと可憐な花でしょうか。(ポエム調はキモイって!)
最初、腕を切られてしまう段取りがグダグダだったのはご愛嬌。
(トマスが破る前にソデも半分取れてるし、傷もやたら下のほうに付いていましたなー)
すごく役作りが丁寧で、特に「奴隷のアノウドとしてお仕えしたいのです!」のくんだりが良かった〜
トマスのひと言ひと言に、とても繊細に反応していて、いじらしくて可愛らしくてもう素晴らしかったです!(ベタ褒め)
お化粧はもうちょっと目を離して描く様にすればもっと良くなりそう。
あー可愛かったなぁ…
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

花組東京公演舞台写真

シャンテのキャトルで発売開始ですよ。

今日も暑い…
こんな中で公演(運動)して良いのか〜!
熱中症には気を付けて下され。

dessert
リクエストにお応えして、公演デザート「インシャアッラー」です。
上のコーンフレークが超シットリしてます(苦笑)
下に入っているソースが3種類あるそうな。
…私も妹も、自分が食べている味がなんなのか分からなかったという…
posted by ニイナ at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

花組エンカレッジコンサート

2001年だから7年前か…ユミコ研8ですな。確かに声が若いし低音域は甘い。
しかし巧い。そして今はもっと巧い。

なぜ突然CDを引っ張り出しているかと言うと、幸美ちゃんの『On My Own』が聴きたくなったのです。
この歌は悲しくて切ないけど大好きなんですよね。
やっぱりいい曲だ…。・゜・(つД`)・゜・。

そうして楽曲を見ていたら、みほこが『ONCE YOU LOSE YOUR HEART』(一度ハートを失ったら)を歌っているではないですか!
『マダム・ヴォルフのコレクション』を歌っていたのは有名だけど、まさか既にサリーがここにいたとは!
早速聞いてみると、巧いけど若いって感じでした。可愛い♪
やっぱりどんどん安定感が増していたんだな〜と言うのと、サリーとして歌っていた『ME&MY』でのみほことは違うなと感じました。当たり前なんだけど。
なんだかとっても得した気分(*´∀`*)

ユミコのソロは『この世にただ一つ』と『Night and Day』。
エリタンのルドルフと『闇が広がる』のデュエットもあります。
『この世にただ一つ』、今歌ったらどんな感じかな。
確かこの時、ヨシケン先生に絶賛されたんだよね。
ユミコの声って聴くとホッとするなぁ。

もう一度『On My Own』聞いて寝よう。
 
CDはSOLD OUTでした
posted by ニイナ at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする