2010年05月11日

分かりやすくご機嫌…

「次の舞台がある」って幸せなことなんだなーと思った昨日。

←こっちのリンク集に、ドラロマ関係者のブログ(サイト)を追加しました。
お稽古が始まれば、ユミコ情報もアップされるかも?

ドラロマ公式サイトの第2章彩吹真央は…
ジェンヌ時代と違って肩やら背中やら腹やらが解禁になったとはいえ、まぁ全然変わってないわけですけども。(ま、撮影はソルカル公演中だからな…)
いままで必要なかったから家に置いてたんじゃないかと思っていた胸もないし(爆)
たぶん、持ってくるのを忘れたんだよね!
(…ウメ推奨、ワコールの胸パッド&尻パッドを差し入れすべきだろうか←※ロマンチカお茶会で熱弁を振るっておったので)
化粧もちょっとシラユキっぽいイメージなので、さほど違和感もなく。

だけれども「若手」実力派には突っ込まねばならんだろう。
そりゃ、ミュージカル界ではカリメロ並みにヒヨッコだけど。
永遠の少年性を発揮しまくって、若々しく瑞々しくってところかな。
(※カリメロ並み=まだ卵の殻をかぶってるくらい、という比喩で他意はありません)

改めて日程を見ると、大劇場の雪組と思いっきり重なっているから…
復活祭を雪組生が観ることはないんだなー。
でもきっとハマコさんは来てくれる!
そしてお向かいで公演中のまゆが泣き笑いしながら客席にいる!(笑)

男役で磨き上げた低音で男性パートも聴きたいし。
低音が広がると高音域も広がるということで、あまり披露してこなかった高音もガンガン歌ってほしいし。
新しいジャンルのロックにも挑戦で、いろんな歌が聴けるだろうと思うと、やっぱり楽しみで仕方ない。

それに最初が「いかにも女性」なミュージカルじゃなくてホッとした。
ヅカファンを長くしていると、「男性相手のラブシーン」にすっごい葛藤があるんだよねー身構えまくってしまうというか。
徐々にお願いします…それがお互い長く続くコツです(とかここで言ってもね)

…そんなこんなで、ここでゆるゆると続けていこうかと思ってます。
結局こうなる。もうグダグダじゃん(苦笑)

ただもうちょっと、浸っていたかったような気もしてるんだけどさ。
贅沢なことだよね。
posted by ニイナ at 09:57| Comment(0) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

彩吹真央 復活祭決定(早いよ!)

完全にブログのけじめの付け時を見失いましたよ(苦笑)

◆SHOW−ism「DRAMATICA/ROMANTICA」公式サイト
【会  場】シアタークリエ
【公演日程】2010年7月20日〜22日
【出 演 者】彩吹真央 金 志賢 知念里奈 新妻聖子 / 井上芳雄
【料  金】全席指定 9,500円(税込)

ミュージカル界の若手実力派スターが集結し、2つの SONG SHOW を贈ります。
第一部「DRAMATICA」(ドラマチカ)
ロック・オペラやミュージカル、映画の“ドラマチック”な音楽を歌い踊ります。

第二部「ROMANTICA」(ロマンチカ)
クラシカル・クロスオーバーやゴスペルの“ロマンチック”な音楽を歌い奏でます。

ソロ、そしてデュエット、三重唱、四重唱、五重唱…トップソリストたちのハーモニーをお楽しみください。


…男パート担当ってことでいいんですかね(笑)
是非とも、復活祭を祝いたいです。

しかし高いわーホント外はチケット高い(そして回数少ない)からなーふうー。
posted by ニイナ at 17:50| Comment(5) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

『宝塚ジャーナル』他ユミコ関連記事

ツボ語りをしようと思っているんですが、なんかそのモードにならないので…
『宝塚ジャーナル』に千秋楽レポが載ったので、その他のユミコ関連記事と共に。

◆彩吹真央 サヨナラレポート vol,1
サヨナラショーと退団者4人の紹介
◆彩吹真央 サヨナラレポート vol,2
舞台挨拶とアンコール、そして出のパレードの様子
彩吹「1994年の春、彩吹真央は歩き出しました。沢山の方々の愛に彩られた道を真っ直ぐに歩み続けて、たどり着いた今日、宝塚歌劇団を卒業させていただきます。
今までに出会ったすべての皆様に、そして水さん率いる、最強で、最高の、雪組の仲間たちに、今日という最高の贈りものをいただきました。
明日から、この最高の贈りものを胸に、新しい道を真っ直ぐに、歩んで行きたいと思います。
私の夢は永遠に続きます。16年間、本当にありがとうございました」

あの出待ちには7000人もの人がいたのか…
すべてが現実なのに、まるで夢の中の出来事のようでした。

もう、あれから2週間が経とうとしてるなんて信じられないなぁ。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 11:03| Comment(0) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

サンスポ記事とWOWOWユミコ特番

日常が始まって、あれが本当にあった公演なのか、不確かな気分になっていますが。
休演日ではない、普通の平日。
そしてユミコには次の宝塚での公演はない。
ってことをちゃんと認めないとなぁ…

さて。
ネット上ではサンスポに記事が出ています。
◆【雪組】彩吹真央が退団 17年の宝塚生活に別れ (2010.4.25 23:33)(SANSPO.COM)
◆写真6枚(ユミコ5枚・ハマコさん1枚)
最後の大階段を緑の袴姿で降り、「水さん(水夏希=雪組トップスター)率いる最強で最高の雪組の仲間たちに、今日という最高の贈りものをいただきました。明日から、この最高の贈り物を胸に、新しい道を真っ直ぐに歩んでいきたいと思います。私の夢は永遠に続きます」などと感謝の気持ちを込めて挨拶した。


そして。
以前ちょっとの間だけこのブログ上にも呼びかけ記事を載せていたのですが。
WOWOWでユミコ特集番組が組まれました!!
◆宝塚プルミエール#62 特集 彩吹真央
放送日時(191ch)
6/11(金)よる6:20
6/18(金)午前8:30
6/24(木)午前8:30
6/27(日)午前6:20

30分番組になったんですよね。
どのくらいの比重でユミコ特集なんだろう。
インタビューが5月に入ってからの収録だったらいいな。
posted by ニイナ at 15:33| Comment(0) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

幸せな旅立ち

パンケーキ

帝国ホテルに泊まったのだから、パンケーキは食べて帰ろう。
ということで、のんびりした後にランチ&パンケーキをオーダー。
それにしても、小市民には目の飛び出そうなランチでした。


千秋楽では泣いて泣いて憑き物も流れた感じ(笑)
笑顔の思い出を今日また一つ胸に抱けたので、しばらくは神様の采配に感謝しながら生きていけそうです。
(神様への感謝は長続きしないんかい)
posted by ニイナ at 17:00| Comment(2) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

Thank you&サヨナラショー配信開始

TCAミュージックでは15日配信となっていますが、moraでは14日から配信されてます。

◆彩吹真央 ディナーショー「Thank you」 
1 火の鳥 彩吹真央 2:02
2 アポロ・月への旅 彩吹真央 2:11
3 失くした翼 彩吹真央 1:56
4 EL TANGO ARGENTINO 沙央くらま 1:45
5 道化者 彩吹真央 1:08
6 夢の果てに 彩吹真央 2:46
7 NAKED CITY 彩吹真央 2:11
8 この世にただひとつ 彩吹真央 5:15
9 貴方に生命を 彩吹真央 1:16
10 あさき夢 彩吹真央 1:44
11 プロローグ・月の燈影 彩吹真央 1:32
12 星影の人 彩吹真央 1:26
13 Joyful !! 彩吹真央、沙央くらま、大月さゆ 1:53
14 My Dream 彩吹真央 2:01
15 The Sun is My Heart 大月さゆ 1:46
16 Real Dream 彩吹真央 1:32
17 雪のように 花のように 彩吹真央 3:13
18 You are my precious 彩吹真央、沙央くらま、大月さゆ 3:35

配信されないのってもしかして
『島原一揆(アナジ)〜万朶の桜(春櫻賦)』(『アナジ』はDVDもカット)
『You Are My Own(ファントム)』
『エリザベートメドレー』だけ…?
すごい分量でビックリ!


◆彩吹真央 サヨナラショー 
1 足跡のない道  彩吹真央 1:58
2 雪解けに咲くマリンカのように  彩吹真央 1:19
3 ラブソング  彩吹真央、大月さゆ 2:11
4 Joyful !! 明日  未来優希 2:03
5 生きて何を  彩吹真央 1:51
6 風の葬列  彩吹真央、未来優希、ほか 3:09

デュエットダンス(苦笑)だけだった、『マリポーサの花』以外は全部ありますねー

どうしよう。DVDは買うんだけれど、持ち歩くには配信だよねぇ…
posted by ニイナ at 01:24| Comment(1) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

それが「幸せ」の涙なら

フレンドパークも放送され
カフェブレイクも放送され
最後のお茶会も無事終わり
公演は折り返してしまい

いろいろ、いろいろと胸に去来するものはあるのですが。
公演に通い過ぎて忙しいのと
仕事も(私にしては)かなり多忙な状態で
とてもレポだとかまともな感想だとかをアップする余裕がありません。

お茶会レポは今までかなり頑張って1週間以内に上げていたのですが、公演中にアップするのは無理です。
(アップしようという気はあるんですが、絶対的に時間が足りません)
ゴールデンウィークはたぶん暇なので、やるとしてもその時かなー
まったく需要がなくなってると思いますが、自分のためにやろうかなと。

**********

退団発表からずっと、「笑顔」でいることを自分にもファンにも強いていたところがあったユミコですが。
東京のお茶会では
「泣きたい時には泣いた方がいいよね。それにこの涙は幸せで溢れた涙だから、隠す必要なんてないんだもん」
と半ば開き直って、AQUA5コンサート再びのブーだけど可愛い顔で泣いておりました。

涙を見せられて良かったねと、周りがつられて泣く中でなけなしの母性本能を刺激されまくって、姉のような叔母のような母のような気持ちで見守ってしまった。
…だいたい舞台を観ていてもこのモードが発動されて、ほとんど泣けないで過ごしております。

私ももっと号泣したいー!(スッキリするために)

明日は休演日。
これから先、休演日以外は毎日何かしら観劇予定が入っております。(90%以上雪組)
ラストスパートなんだなぁ…
倒れるなら26日に。を合言葉(?)に駆け抜けたいと思います。
posted by ニイナ at 00:40| Comment(2) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

MAO AYABUKI DVD-BOX 動画&パッケージアップ

こちらも詳細がすべて出ましたね。

◆Mao Ayabuki Special(TCAショップ)
ブルーの文字で爽やかですね。
Disc1,2,3のパッケージとDisc3のデザインもこの特集ページなら見られます(個別ページはまだ公演ポスター柄のまま)
動画のバックに流れるのは、ディナーショーアンコールの『You are my precious』
DVD/TCAD-293/花組・雪組
価格:21,000円  発売日:2010年4月23日
□セット内容□
Disc1:復刻版DVD『月の燈影』(TCAD-290)
Disc2:復刻版DVD『NAKED CITY』(TCAD-291)
Disc3:彩吹真央「Thank you」-ディナーショー&サヨナラショー−(TCAD-292)
Disc4:特典ディスク 彩吹真央ディナーショー「Love Letter」
(「Love Letter」の単品発売はございません。)
※特典ディスク「Love Letter」の映像及び音楽の割愛、差し替え等はございません。


そろそろ予約しに行った方がいいかな。
posted by ニイナ at 22:45| Comment(1) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

MAO AYABUKI DVD-BOX 著作権カット

ラスト本公演はカットゼロ!が成し遂げられましたが。
「宝塚の曲ばかり選んだ」ディナーショー『Thank you』にカットが!
(ちょっとびっくりした)

◆彩吹真央「Thank you」−ディナーショー&サヨナラショー−
【おことわり】
音楽著作権上の理由により、彩吹真央ディナーショー「Thank you」 の使用楽曲♪O Pastor(バウホール公演「アナジ」より)を割愛しております。

DVD/TCAD-292/雪組/宝塚ホテル・宝塚大劇場
収録日:【サヨナラショー】2010年3月8日・【ディナーショー】2010年3月10日/収録時間:約160分(予定)
価格:8,400円  発売日:2010年4月23日

□Topix□
2010年4月25日の雪組東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団する彩吹真央のメモリアルDVD。
宝塚大劇場でのサヨナラショーの模様と、最後のディナーショー「Thank you」を収録。
さらに、彩吹真央のインタビューとこれまでに出演した公演の名場面ダイジェストも収録した永久保存版!


年月がたっても、『NAKED CITY』のカットがそのままで残念…
『Love Letter』は大丈夫かなぁ。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 00:44| Comment(0) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

AYABUKI Mao Song Collection簡単感想

買ってから毎日聴いているAYABUKI Mao Song Collection(TCAショップ)
聴いてみて驚いたのは、すでに配信されている曲もそのまま収録では無いんだということ。
曲に入る前のお芝居や、曲中でのお芝居、そして終わってからの囁き…
そんなところをあまさず、その曲が舞台で歌われた情景が思い浮かぶように切り取られています。
元々の音源から新たに拾い直して作って下さったんだなと、制作スタッフさんの愛を感じて凄く嬉しい。
でも続きも丸ごと記憶している曲だと、ユミコ部分が終わったらプチっと切れるので、「あぁ!続きないのか、そうか…」とも思ったり(笑)特に『La pluie(雨)』は「あれ?みとさんの部分ないんだ」と毎回思ってしまう(笑)

とりあえず、ユミコ以外の人が参加している楽曲はこれ…で全部かな?
『グラッド・アイ』も一応はそうか。でもコーラス全員が思いだせない。
ユミコ以外のソロは確か真竹すぐる。コーラスは3人で真丘奈央と絵莉千晶は確実だった気がするけど、あと一人(たぶん娘役)が思いだせない。七瀬きらちゃんかなー。
※真丘奈央・水月舞・七瀬きらの3名とのこと。千晶ちゃんは違ったか。はっぱちゃんもドレス着てたよね。
ということで、追記しとこう。

Disc1
『愛の燦歌』:セリフ「蘭寿とむ」
『闇が広がる』:セリフ「樹里咲穂」/Duet「春野寿美礼」
『僕はママの鏡だから』:セリフ「瀬奈じゅん」/Duet&セリフ「大鳥れい」
『グラッド・アイ』:影ソロ「真竹すぐる」/コーラス「真丘奈央・水月舞・七瀬きら」
『紫陽花』:セリフ「夏美よう」
『サンキュー』:Duet&セリフ「遠野あすか」
『Berbere Noise』:セリフ「華形ひかる」「芽吹幸奈」
『You are My Own』:Duet「春野寿美礼」
『嵐も怖くない』:Duet「白羽ゆり」/セリフ「水夏希」「音月桂」
Disc2
『My Dream』:Duet&セリフ「大月さゆ」
『ラブソング』:Duet&セリフ「大月さゆ」
『結婚することだね』:Duet&セリフ「美穂圭子」
『生きて何を』:セリフ「水夏希」

特筆すべきはやはり『生きて何を』ですかね。
ネロのセリフから始まって、「友達だよ!たった一人だけの、俺の!!」もあるんだもんなーもうギューっとなるよね。本当に。

順番に聴いて最初に驚いたのは『愛の燦歌』で、なんと刻の霊・まゆのセリフが。
「ん?なんかユミコとは違う聞き覚えのある声だなー」と思ったら、新公のその部分丸ごと入っているのでした。
あとすっごく「んぎゃー!」となったのは『紫陽花』。だって淀辰・ハッチさんの声が!!
もの凄い…濃い関係だったよねと。

それにしても若いころから本当にうまいんですけど…
聴きごたえたっぷりのCDで、そしてこれだけあっても「あーあれもないのかー」という曲がいくらも思い浮かぶのがまた凄いと思う。
勝手にDisc3を作るしかないかも。
とりあえず、配信されている曲で入ってないものをまとめ直すってのはありかもしれないな。(当分そんなことやる気力ないだろうけど)

ボーナストラックの『虹』
歌詞だけ読むと泣かずにいられるか!!という感じなのですが。
曲を聴くとなんともほんわかと柔らかく明るい仕上がりで、らしいなぁと。
最後には笑顔で。という本人の気持ちがまっすぐ届くようです。

本当は曲ごとの感想を簡単にでも書きたいんですが…とりあえず、こんな感じで。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 12:14| Comment(1) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする