2010年05月20日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ7

いろんな方がここを訪れて記事を読んでいるのだなぁ…と思う今日この頃。
皆様いかがお過ごしですか。
…何キャラだ。

今日は約1カ月ぶりの宝塚観劇を控えているので、その前にとりあえず終わらせないと!ということで、ツボのラストです。

…突っ込みどころ満載だから。
もー
真剣な場面だと分かってますよ。分かってるけど可笑しいんだから仕方ない。
先生に怒られている時に笑いがこみ上げて困る感じとでもいいましょうか。
すべて脚本のせいですから。


ルサンクがある方はお手元にご用意下さい。(結局引っ張り出してきました)
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 10:19| Comment(4) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ6

※ネタ記事ですので※

ポポリーノVSイタリア兵で大事なこと書き忘れてた。
観ていた人の90%が突っ込んだと思われるところ。

ポポリーノ「お前だって下手なマンドリンを弾いていたじゃないか!」
りんきら 「お前よりマシだよ」

りんきら、お前が言うなー!!!
しかもコマ、話普通に繋げないの!
ここいつだったかの貸切で笑いが起きてたんだよねー
「そうだよね、笑うところだよね」と思った記憶が。

なるべくたくさんの人に台詞を、という植爺の愛なのかもしれないけど。
愛はもうちょっと芝居に有効な形で分け与えて下さい。

しかし一人の少年に寄ってたかった「やーいやーい!ここまでおいで」的にハーモニカを人質にして虐めるって…
お前ら小学生男子か!
どうも国を背負って戦っているというイメージとはかけ離れているイタリア兵なのでした。



で、どこまでいったっけ。
シスターとの謎かけ問答か。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 11:05| Comment(5) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ5

今日の東京は暑い。
春がなくて、冬から初夏へ移行しちゃった感じ。
何を着たらいいのかよく分かんない(と毎年言ってる気がする)


「今さらのツボ」結構お楽しみ頂けているようで、嬉しい&ホッとしてます。
アホな記事は書いていて楽しいのですが、その分怒られたらもの凄い凹むので…

ひたすら眠かったような気もする『ソルフェリーノの夜明け』ですが、意外と頭の中でツッコミ・捏ねくりまわして観ていたような。
引っかかるところが多すぎて、なかなか終わりが到来しませんなー

では、ポポリーノ再登場からマントヴァ行き決定まで。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 11:48| Comment(2) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ4

※「今さらのツボ記事」使用上の注意
記事内に登場する生徒について揶揄しているものではありません。
すべて「脚本と書かれている役について」のツッコミであることを念頭に置いてお楽しみ?下さい。
(一応書いておかないと、そろそろ怒られそう…)


このお芝居には凄い幕があるのに、触れるのを忘れていました。
戦場の絵
肉感的で妙にリアルな馬と兵士。
しかも死体込み。
…出演者より目立ってどうすんねん!!!
まるで中村 B※の何も考えてない電飾セットみたいだわい。
(※電球いっぱい使って派手にすればいいと思っているとしか思えないセットを組むショー作家のこと)

そこにお金掛けるより盆を!盆を回して…!!(大事なことなので何度でも言います)


では、オーストリア軍(疲弊しきっている)→のんきなイタリア兵から。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 01:26| Comment(4) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ3

大事なことなのに書くのを忘れていました。
マンフレッド・ファンティ閣下
これがハマコの役名のはず。
でもそう呼んでいるのは最初に紹介する朝風れいただ一人。
キムもミナコもゆうちゃんさんさえもが!彼をこう呼ぶんです。

パンティ閣下と。

…最初の文字はFだから!!Pじゃないからーーー!!!
どんなに真剣な芝居をしていようと、「P」で始まっちゃ台無しでしょ!と思い続けながら観ていました。(あなたの耳と頭が残念です)

ということで。(どういうこと?しょーゆーこと。←お約束)
こういうアホな記事はホント書いていて楽しい(笑)
ツボ3はチカユミ場面から。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 15:25| Comment(2) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ2

そんなわけで(どんな?)続きです。

植爺芝居にしてはマシレベルなれど、幕多用による動きのまったくない公演というのは眠いのですよ。
そして「大事なことだから2回言うんですね!」のなんと多いことか。
しかもそれよりも、見せるべき大事な場面があると思う。と毎回思っていましたなりよー
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 14:32| Comment(2) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今さら『ソルフェリーノの夜明け』のツボ1

超今さら。でもツッコミまくって笑ったあのお芝居(え?)について、書いておこう。
老後にDVDを見ながらまた楽しめるだろうし。

長らくサボっていた間に書き方を忘れてしまっていて、自分で読み返してもなんだか納まりがよくないんだよね。
まぁ自分メモということで。
しかもプログラムもルサンクも見てないから、記憶スケッチ状態でございますよ。(DVDも極度の金欠により購入しておりません)

じゃーとりあえず第一弾ということで…
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 10:05| Comment(2) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

灰の月曜日

すべて終わりました。

宝塚歌劇団・彩吹真央は16年間の男役人生に幕を引きました。

最後の日々は最高に輝いていました。


もう男役のユミコはどこにもいなくて、本名のユミコなんだね。
不思議だなぁ…


33回通いきって、やれることはやりました。

さようなら宝塚
さようなら
また会う日までさようなら



それでは、おやすみなさい。
posted by ニイナ at 00:29| Comment(0) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

23日覚え書き

23日13時半
しいちゃんとモモサリ姉さんが観劇(カヨコもいたんじゃないかな〜)

●楽士対決
ジャンケンはユミコパー&夏希さんチョキで夏希さんの勝ち
彩「え〜!!」(聞いてなかった模様)
水「振り、覚えたもんね!」
(前に踊れなくてユミコに「違いますー」と言われたのが悔しかったらしい)
彩「もっとうまく踊るもん!(脚を前に振り上げながら)ここは溜めるんですー(横に蹴りをしながら)こうやって蹴る!」
水「生意気なー!!」
とかだった気がする。

●仮面舞踏会
彩「そこの綺麗なお姉さん、お相手をお願いします!…お願いします!…私にそこまで行けと?」

コマは「もー(さゆちゃん)返してー」
チギは「お呼びになった?」
彩「呼んでません!」
って感じだったかと。

●トスカ
夏希さんが長髪だった!
そしてやっぱり振り付けをちょっと変えたみたい。
ニューバージョンも綺麗です。

残り2日で4公演…
3公演は観られるので、目に焼き付けないと…
posted by ニイナ at 17:39| Comment(2) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22日覚え書き

22日13時半/セディナ貸切

●楽士対決
ジャンケンは通常バージョン
彩「お先に〜」
水「緑チームのキャプテンが踊ります。ワンツースリーワンツースリー アンドゥトロワアンドゥトロワ」
(ユミコまとわりつきながら…)
彩「じゃまーうるさいー」
夏希さんのダンスになると
彩「赤チームのキャプテンが踊ります」
とかだった気がする。
やっぱりユミコからはあまり夏希さんに絡みにいかないね〜

●仮面舞踏会
彩「セディナゴールドカード持ってるのに!!」


22日18時半
フレンドパークのプロデューサーが観劇

●結婚式
ピストル持って出てきたチギ、ウォールクラッシュのパントマイム(笑)

●楽士対決
ジャンケンは通常バージョン
踊るユミコにピタッとくっつく夏希さんに
彩「もーじゃまー!せっかくのソロだったのにー」

最後のお手振りで夏希さんがユミコに目隠しする感じに手を動かしてた。

●仮面舞踏会
ジタバタ
→「パピプペパッソ パピプペパッソ」(紳士淑女も参加で)「パピプペパッソ」
→「えぃっ」とダーツ投げて
→「たわしーー!!」
→ジタバタ
な流れ(笑)長いよ!

コマは「焼き肉食べたいー」
チギは「たわし、わたし?」(なんとも昭和)

●トスカ
夏希さんがみなこをリフトしますが、昼公演でちょっとうまくいかなくて…
夜はかにバサミリフトじゃなくて、真っ直ぐ上に飛んだみなこをそのままホールドしてました

●赤い鳥
ラストのボーズで左手を天に伸ばしてた(手には羽の飾り)
いつもは胸の前で腕を交差


ちょっとずつ違って面白いけど、とても覚えていられない…

あと3日?!信じたくない。
posted by ニイナ at 01:09| Comment(0) | ソルフェリーノ/カルネヴァーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする