2009年11月15日

妄想による情熱の改訂(笑)

芝居、ラストに納得行かなくて暴れたい感じでしたが、勝手に結末を考えて私的に美しくまとめたので、もう大丈夫。(妄想族万歳)

主役は前半は素直に素敵と思えるけど、後半は出て来るたびに私を┐(´ー`)┌な気持ちにさせるので、どうにもこうにも。
夏希さんくらいキャリアのある人にあの役はないわ〜(苦笑)
だって夏希さんに包容力がありまくる&分別がありまくる&色気がありまくる為に、暴走するフランシスコの説得力がちょっとね…
も〜男役としての最大の魅力が生きないってどうよ!
夏希さんは超男前な大人の男役なのよ〜愛に生きるにしても、もっと違うアプローチの役が観たいんじゃー!
同じ再演なら、『仮面のロマネスク』の改訂版が良かったな。(あのままの再演はイヤ)
今回の公演はいろいろとまだ足りない若手にこそ、やって欲しいような。きっと大きくなれる役だと思う。

出番はちょっと寂しいけど、ユミコ伯爵は男役としての魅力全開の役で、観たことない感じかも。
かおりを全力で癒やし、愛してあげてくれ〜。・゜・(つД`)・゜・。
ユミコかおりのマジラブシーンが観たかったな〜(役名で書けー)
特に大公の部屋へ赴く前に。
リ「行きます。どうしても」
ル「何があろうとも、私はあなたを待っているよ」
的なやり取りの後で、かおりの首筋に激しく顔をうずめるユミコ、とかさ。(あ、夏希さん得意のやり口だった!←やり口って!!)
口調は丁寧なのに、行動が裏切るっていうかね。凄く激しく愛してるんだぜ的なね。
普段「ラブシーン得意」みたいなこと言ってるけど、そう言えばほとんど観たことないんですけど…なので。観たかったよ。
きっと眠気も一気に吹き飛んだのに(爆)
(いやほら、世の中的にも「まさかあのユミコが!!」ってことになりそうだしさー)
そういうラブシーンがあれば、より一層切なくて良かったと思うし。
でもそれだとリンダ主役になっちゃうか。(ただでさえ、間違いなく単独二番手だ。っていうか話としてはリンダ主役だよね)

キタロウがめっちゃいい男で、あんな破滅的な人じゃなきゃ結婚したい。
私の中ではキタロウによる大公暗殺は成功してます(笑)
それどころか大公の望みは叶えられないのだ!
ザマーミロヽ(`Д´)ノと言ってやりたいわ。

それ以上にいい男だったのは、身を引ける(現実を見ることが出来る唯一の男とも言う)キングだね!
私だったら即結婚するけどな。金持ちで仕事も出来て誠実に愛してくれるなんて素晴らしい!何が不満なんだー!(ま、恋とはそういうものかもしれませんが)

みんな自分の為に動いて、いろんな犠牲を払ってくれてるのに感謝もせずに愛欲(爆)に走るような男やなんだよー!
誰のおかげで命が助かったと思ってるんだよー!
…もっと心の底からウットリ出来る男前な夏希さん希望!!です!!


だがしかし。
いろいろ自分の中で余計な部分に蓋をして、妄想で補って楽しむぞ。
ヅカヲタは逞しいのだ。

全ツへGO!

お芝居とショーの祭り
●お芝居
【娘役】
表向きはかおり祭り
斜めからみると杏奈祭り
【男役】
キタロウ祭り


●ショー
【娘役】
杏奈祭り
【男役】
キタロウ祭り

という訳で、杏奈&キタロウが好きなら必見です!


ショーは本当に楽しい。
キムポジションはヒロミ(キレイ部門)、キタロウ(パッション部門)、せしる(ヤング部門)で分けてました。(ヤングって!)

ニワニワのお店の店員が杏奈ちゃんなんですが。
もう最高にダメ店員。゜(ノ∀`)゜。
オイタしまくりで目が離せません!
ジュリーになったらいなくなった店長のアフロ抱き締めてるので、それも必見(笑)

そしてジュリーの場面。
なんとコパガール(ジュリーの取り巻き)にオカマ登場ですよ!!
ジュリーユミコの守備範囲の広さに脱帽…
「私は女よ!!」と言い張れば、きっとWelcomeなんだと思われる(爆)
組む男の子たちの弱りきった表情込みで必見です。゜(ノ∀`)゜。
もうユミコ観てる場合じゃない的な(笑)

ニワニワの署長とキタロウの泥棒くんもかなりイイ!

あとはもう、「風になりたい」が幹部部屋祭りで私一人で大うけ(笑)

パレードは最後にポンポンダンスが追加されてます。
途中で仕舞っちゃダメですよ〜♪

2009年11月14日

『BLUE MOON BLUE』鑑賞

ヘトヘトなのに思わず見直してみたり(笑)
マミちゃんカッコイイ〜(*´∀`*)(*´∀`*)(*´∀`*)
どのカメラが自分を抜いてるか分かっててウィンク飛ばすし〜イヤン素敵すぎる♪
シューマッハ(ケロ・祐飛・キリヤン・タニオカ)が揃ってて、リカとガイチにアツまでいて豪華絢爛だわ〜
しかしリカさん異様な風体過ぎる(爆)
なぜそのヒゲ!なぜそのカツラ!
スゴいわ〜なんか唯一無二のジャンルって感じ。
タンリーはもう本当に美しすぎる〜
なんとダルマ姿まで拝めます。ムフフ(*´∀`*)
赤い花の装置みたいな衣装はホントスゴいわ。あれまだ置いてあるのかな〜


*****
『RIO』版の『赤い花の伝説』は、第一場「ENDLESS DREAM」と第二場「BLUE ILLUSION」と第六場「SAND ILLUSION」の組み合わせですね〜
場面全体のイメージは第一場&第六場で、第二場のリカマミ振り付けがユミチカで再現されてるっぽい。

ユミコの衣装は似てるけど、リカさんのとは別のような気もする。
なんか柄と布地の切り替えが違うように見える。
ガイチになった時(大劇場から東宝になる時)に作り直してないと思うから、テイストの似た別の衣装かも。
*****


ウサギちゃんたちが赤いポンポン持ってる(爆)

フィナーレのスター(役名)でタニオカが着ている総スパンを更に豪華に飾り付けたのを、いまパレードでユミコが着てるのかな?形が同じだ…
(もっと遡ると『マンハッタン不夜城』でズンコが着てたんじゃないかな〜)

あ〜フィナーレの男役群舞は東宝ではもっとカッコイイ曲になってたハズ。
…思い出せないけど。
チラチラ映るナホが素敵。

デュエットダンスで色っぽく絡み合うマミ&タンリーにウハウハです。
タンリーがヘソピアスみたいなのしてたんだよね〜


ニャー楽しかった(*´∀`*)

リオ新場面『赤い花の伝説』

『赤い花の伝説』
まずは杏奈ちゃんの黄色い蝶が登場。
初回と2回目で髪飾りが違ったよ(σ・∀・)σスゴいや!
なんの象徴なのかな…夏希さんの周りを舞い、去っていきます。

夏希さん登場からはまんま「ENDLESS DREAM」が始まったので、一気に頭の中に『BLUE MOON BLUE』が再生された(苦笑)

衣装はマミちゃんのまんまだけど、カツラはブルーがかった短髪。
…初回は自分で切ったら失敗した(爆)みたいになってましたが、2回目に微調整して綺麗になってました。
でも地毛でやってくれた方が萌えます!
(萌えんでよろしいということなのか?せっかくの美味しい設定が〜ラーメン頭といい、惜しい)

ユミコはブルーが入ったストレートのセミロング。
前頭部にはキラキラした飾りをガッツリ付けてます。(より顔の四角さが強調され…ゲフンゲフン)
振り付けも絡みはほぼ同じかな?
リカさんがマジで物凄い妖気を出していたリカマミ場面なので、ユミチカだと割りとアッサリ。
ただ、どうしても比べるからアッサリだけど、ユミチカ的には初と言えるくらいの濃度です。
なんと言っても密着度がチカユミ史上最強です。ユミチカなんて初だし!!

アイハラ嬢の髪には大きな赤い花。
髪の毛が凝ってた!
こちらも夏希さんに妖しく絡み、ユミコともクネクネ絡み付きつつ揺れてます。

ユミコとアイハラ嬢で夏希さんを翻弄しますが、腕を取って踊るのが逆手になるのか、ユミコが掴み損ないそうになってた。しっかり〜!

結局はユミコが操る赤い花の「毒の口づけ」で戦士は息絶える…的な?
赤い花も卵産んだら死んじゃう魚(爆)みたいなものなのか、一緒に息絶えてました。
ユミコがニヤリと笑ってパピヨンへ。

「ENDLESS DREAM」を歌うのは前半夏希さん、後半ユミコでした。
杏奈ちゃんとアイハラ嬢は踊るのみ。
そうそう、アイハラ嬢登場と共に元のイグアスの曲が挿入されたりして、ヨシマサ的には「コラボだよー!!」って感じなのでしょう。
もう自分ダイスキなヨシマサに色々突っ込みたい衝動にかられる!!(笑)

…パピヨンへの流れ的には微妙だけど、懐かしい『赤い花の伝説』はこそばゆくも嬉しかったり。
私の初博多座遠征公演なもので。
懐かしく思い出しました。

リオDE市川 2回目

衣装替え間に合った!!
千葉女総見でもありました。青と銀のオリジナルポンポン持参で盛り上がってましたよー!!

プロローグのキャプテンは多分同じ
「バルセロナから、水夏希さんの出身地、千葉を経由して、リオへ/落花生の食べ過ぎにはご注意ください」
1回目は「初フライト」って言ってたな。

ツアコン
「盛り上がろうぜ千葉!!」

ボスがイパネマちゃんに巡り会って
ボス「ママ〜探したんだから〜」
ママ「今日の夜ご飯は落花生よ」
ジュリー「…それだけ?」

ジュリー
「千葉県の皆さま〜助けて〜」(下がっていく幕の下から覗き込みつつ)

署長ニワニワ
「お待たせ〜♪」


プロローグの夏希さん、客席降り1回目で下手ブロックには行かず…
全員タッチならずでした。

豪華な客席

大地真央様
黒木瞳様
真矢みき様
が揃い踏み(*´∀`*)

もう大地真央様のオーラ半端ナイ!!
輝きすぎてました。
…何もしてなくても女優ライト当たってるかのように。

ショーコさんとミキさんは同期だよね。
なんだか本当に凄い回を観劇できて嬉しかった〜
芝居プロローグで客席降りした夏希さん、お揃いの席の前で恭しく一礼してました。これまた素敵だった!!

中井美穂さんもいらしてました。(帰りにお見かけした)

リオDE市川 初日

衣装替えが大変そうでした。
気合いで出番にはなんとか間に合わせる、タカラジェンヌのド根性!!

プロローグのキャプテン(せしる)が
「〜水夏希さんの出身地、千葉を経由して〜落花生の食べ過ぎにはご注意ください」
掴みはOK!!

ツアコン(夏希さん)
「千葉県大好き!!」

ボス(キタロウ)がイパネマちゃん(アイハラ嬢)に巡り会って
「ママ〜落花生が食べたい〜」
で、場内騒然「エェェェェ?!」状態に。
まさかあんな大きな隠し子が?!っていうね。凄いオチ持ってきた。
ジュリー(ユミコ)も「(あれは)いいんですか?」って突っ込んだ(笑)
横でコパガールS(かおり)は素で笑っちゃってるし。
キタロウ、芝居もショーも凄いわ!!

ジュリー(ユミコ)
「とりあえず、1ヶ月宜しくお願いします」(正座で三つ指)

署長ニワニワのカツラはゲゲゲの鬼太郎タイプ(笑)
しかも捕まってあら不思議(^ε^)♪オチがいけてる!!
「また来ちゃったー!」
とか言ってた気が(笑)

【赤い花の伝説】
夏希さんはマミちゃんのキラキラ迷彩服
ユミコはリカさんの替わりベルベット燕尾
アイハラ嬢はタンリーフィナーレデュエットのセパレートドレス
でした。

プロローグの夏希さん客席降りは2回
1回目は上手階段を降りてセンター〜下手側へ
2回目は上手階段を降りて上手側へ
最前列は全員タッチ出来ちゃうよ〜

パレードも持ち物はポンポンでした。
  
続きを読むならココ

リンダ。・゜・(つД`)・゜・。

『情熱のバルセロナ』
リンダにしか感情移入が出来ず…
主人公にコラヽ(`Д´)ノ状態です(苦笑)

プロローグが秀逸でした(*´∀`*)


昭和っていうか、なんでみんなあんな暴走型なの?
理解できないわー!!


…こんな感想ですみません。

祝☆初日!『情熱のバルセロナ/RIO DE BRAVO!!』

始まりますね〜
すっごい雨なんですけど(笑)

雪組ファンの多くが「夏希さん気合い入ってんなーさすが初日!」と思ってるんじゃないかと。(私はもちろん思ってます)

『情熱のRIO』市川公演、フルで楽しんできます!!
今回は短期集中公演ですので、『ロシブル』みたいなことにはならないと思いますが…

梅田の千秋楽まで、全国各地で楽しみましょう!!

では、行って来まーす♪

2009年10月03日

『情熱のバルセロナ』配役決定

出ましたねー
公演中なのにもうお稽古開始なのかな。

◆『情熱のバルセロナ』−スタンダール作「パルムの僧院」より−主な配役
フランシスコ・ラフォーレ小侯爵(イタリアの神学校での勉学を終えてバルセロナに帰ってきた青年貴族)・・・水 夏希

エドワルド大公(バルセロナ領主)・・・ 未来 優希
エリザベス大公妃・・・花帆 杏奈
ルイス伯爵(バルセロナ公国宰相、リンダの愛人)・・・彩吹 真央
カルロス(司法長官)・・・奏乃 はると

リンダ・メレンデス公爵夫人(ルイス伯爵の愛人、フランシスコの叔母)・・・晴華 みどり
マチルダ(リンダの邸の家政婦、ラファエルの幼馴染)・・・神 麗華

ラファエル(フランシスコの旧友でジプシー出身の自由主義詩人)・・・緒月 遠麻
ファニータ(ラファエルの恋人)・・・舞咲 りん
モニカ(ラファエルの妹)・・・早花 まこ
ディエゴ(ジプシー、モニカの恋人)・・・祐輝 千寿
エンリケ(ジプシー)・・・ 彩那 音
ファノ(ジプシー)・・・大湖 せしる

ロザリア・ジサント(ジサント将軍の娘)・・・愛原 実花
ジサント将軍(ロザリアの父、大公の元侍従武官長)・・・真波 そら
セルバンテス伯爵(ロザリアの婚約者)・・・蓮城 まこと

パボーン侯爵夫人・・・涼花 リサ
ロジータ(酒場女主人)・・・麻樹 ゆめみ
サンドロ・・・彩夏 涼
ジュゼッペ・・・紫友 みれい
コンスエロ・・・沙月 愛奈
マルタ・・・花夏 ゆりん
ぺぺ・・・涼瀬 みうと
リノ・・・香音 有希
ルピーノ・・・朝風 れい
密偵・・・梓 晴輝
テレジータ・・・美乃 ほのか
ドロレス・・・希世 みらの
憲兵・・・彩凪 翔
マルキータ・・・笙乃 茅桜
コンチータ・・・舞園 るり
衛兵・・・千瀬 聖
従卒・・・久城 あす
タマラ・・・天舞音 さら
夫人・・・杏野 このみ


こんな感じらしい。
ユミコは親友役じゃなかったねー!
かおりが愛人ということで、是非ともデュエットが聴きたいな。