2007年07月27日

陛下とて男ですから

昨日の『エリザベート』は面白かったな〜
いつも凄く真剣に観ているのですが(あ、昨日だって真剣に観ていたんだけど)あんなに娯楽作だと思って観たのは初めてだった気がする。
1階下手の後方S席という若干遠い席だったので、オペラで夏希トートとユミコフランツをロックオン状態で観ていたのですが。

姿形は男前で大人な夏希トートの初々しい初恋ぶりとか(爆)
堅物で真面目一本やりと思っていたユミコフランツの意外な「男」ぶりとか(笑)
なんかそういうものが物凄く強く見えました。
新公後だから?

そしてオペラで観る席の方が自分には相応しいなぁなんて思ってました。
前の方はそりゃ嬉しいし幸せなんだけど、微妙に緊張するんだよね…
しかも「好きなところをガン見」するのは気が引けるし。
(夏希トップの間に一度くらいSS席に座りたいものだけど…)

それでね、昨日の陛下ですよ。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 09:54| Comment(6) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

エリザベート東宝14回目

夏希トートの下まつげに沿って青いラインストーンが(*´∀`)
美しい〜
涙のようにも見えてドキドキします。
新公後、みんながそれぞれ丁寧に演じている(という観ている側の思い込み?)気がしました。


【終演後追記】

陛下がコレクションを楽しみ過ぎてました(笑)
なにあのニヤニヤした顔!
真面目な顔をしきれなくて、腕組んだりあっちこっち見たりと忙しそうでした(笑)
本当に面白かった!あんなフランツ初めて観たよ〜
posted by ニイナ at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

俺はおまえの一部なのだから

『エリザベート』を観るたびに、反芻するたびに、思うことが違って自分でも面白いな〜と思います。

今はトートの苛立ちや怒りを
なぜ俺を受け入れない。俺はおまえの一部なのに。
と言っているように感じます。

闇の中から音もなく浮かび上がる夏希トートは、その存在自体が「シシィあってこそ」という気がします。
もともとシシィの中にあった「死への希求」があまりにも強くなったために具現化したような。
又はもともとたくさんいる黒天使の一人に過ぎなかった「もの」がシシィを迎えに出たことによって、「トート」としての力を得たとか。
実際、「トート」という存在は最初からあるものとして話が進んでいるので、完全なる私の創作ですけど、それほど「シシィとトート」との結びつきだけが強固で、他は手のひらで転がして弄んでいるトートの温度差が面白いな〜と思って。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 15:04| Comment(4) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

毎回必ず見てしまうのは…

シャンシャンを持つ夏希さんの手。
(だからどれだけ手フェチなのかという話)

持ち手を人差し指・中指・薬指で持ち、親指と小指は開いて支えてるの。
この小指のラインが凄く好き!!
オペラでまず顔を見て、シャンシャンを左右に振るときに必ず手を見ちゃいます(笑)

あとはマントやコートを持つときの指先も綺麗でウットリ。
ただ指先を動かしているときももちろん綺麗で素敵で見惚れちゃうけれど、「何かを持っている」方が美しさがより強調される気がする…
長くてまっすぐでちょっと節が目立つ指。
私は自分の指が短いので凄く憧れるし、ずっと見ていたいくらい好きだな〜(顔も体!も全部好きだけど)

後は素のインタビューで「んね!」って同意するときも超可愛い〜!
(全然話が繋がってない)
サンケイリビングのインタビュー、笠井アナとも中井アナともそういうやりとりがあって、「あー夏希さんだー!」と嬉しくなったのでした。


最近ご希望を頂くトート語りなのですが、とりあえず「死が生を呼び覚ます」が第一弾です。
本当に難しいんですよ、夏希トートはつかみ所がない感じで。

…新公観たらクリアになったりするんでしょうかね。(チケットないので観られないのですが)
posted by ニイナ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

エリザベート東宝12、13回目

11時、ルドルフの葬儀で事件勃発。
なんと陛下のお髭がピラピラ(爆)
そりゃないぜ〜

さて東宝初の一階上手でした。
シシィと出逢った閣下の衝撃っぷりを堪能。
二度見してるもんね〜生まれたての「感情」に戸惑う姿はなかなか可愛らしい…気もする。

上手側にいると陛下に「事件は内密に処理した」って言われてるような気になり、「( ̄口 ̄)私は潔白よ!言いがかりだわ!」と思うのがマイブーム(なんじゃそりゃ)
 
サンケイリビング貸切はココから
posted by ニイナ at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心配…→2幕は大丈夫でした

らぎらぎが結婚披露宴からいません。
大丈夫かなぁ…


終演しました。
2幕は大丈夫でした〜
良かったよ〜°・(ノД`)・゜
posted by ニイナ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死が生を呼び覚ます

夏希トートを語るのが非常に難しく、とりあえずとなみシシィを絡めてツラツラと考えてみた。

シシィに出会って得体のしれない「もの」が自分の身の内から湧き出してくるのを自覚するトート。
それは感情というには強すぎてストレート過ぎる「激情」
トートは「愛してしまった」と私たちに解る言葉で表現してくれるけれど、それは私たちが思う「恋愛感情」とは違うものだと思う。
この違いが夏希さんが「トートの感情」として表現したいものなんじゃないかと、彼にもの凄く惹かれながら感情移入は出来ずにいる私は感じるのです。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

エリザベート東宝11回目(追)

寝違えたらしく首が痛いのですよ。
しかもそっち向くと痛いという席での観劇…
今日はいろんな人のバイトに注目したり、二階からのライティングを楽しんだりしてます。


プチツボ
・未来の父親(マックス公爵)の生着替え(霊魂→現世)を手伝う皇帝陛下
・その一番奥で剣が反射しないように羽マントに隠している閣下(頭も白浮きするからスッポリ隠れてる)
・ただでさえ大きいのに、ジャンケンに勝つとそびえてしまうシュヴァルツェンベルク(結婚式でのひとコマ)

今日の閣下も陛下もお元気です♪
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

トート閣下と黒天使

昨日、初めて踊っている黒天使をちゃんと観ました。
初演からほとんど変わらないダンスに妙に安心したり…
次の振りが思った通りで、ついキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!と喜んでしまったり。
来るぞ来るぞ〜と思いながら観ているので、反応しちゃうんだよね。

さて、そんなわけで【黒天使と共にいるトート閣下】を観たのですが。
なんとなく夏希トートは一人なんだな〜って思いました。
黒天使が10人周りにいても、私たちが考える【気持ちの交流】があるようには見えない。
人間の考える【感情】がないからかな。
夏希さんは【人間っぽいトート】に見えるけど、やっぱり【人ではない存在】として創っているからそんな風に見えるのかな、とか新たな目線で夏希トートを追ってました。

人間たちの感情に振り回されて泣きながら、トートに寄り添えないことにも悲しくなっていたのでした。

だから最後に幸せそうな夏希さんを見て嬉しかったんだな〜きっと。

出先のためまとまりませんが、今日のエリザ語り終了。
posted by ニイナ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

人それぞれの悲しみ(10回目)

今日の私はどうかしている。
・ゾフィーの皇后教育
・ミルク銀橋
・フランツの決意(君の手紙何度も読んだ)
で泣いてしまった°・(ノД`)・゜
涙がこぼれたのはラストだけでしたが…

なんかね、みんな悲しかったの…
一桁センターという素晴らしい席だからかも知れないけど、すっごく伝わって来るものがある。

ユミコは梅芸遠征の疲れも見せず、元気に皇帝です。
上唇がハートでガイチみたい(*´∀`)


【終演後追記】
・病院訪問
・僕はママの鏡だから
・夜のボート
でもう涙腺が…
夜のボートは号泣でした…鼻垂れちゃって大変…(爆)←汚いよ_| ̄|○


なんだか今日は本当に悲しかったの…
みんな幸せになれなくて。
あ、夏希さんは幸せになったけど。
あんまり悲しかったから、夏希さんが幸せそうでホッとした。
「あ〜良かった」って心底思いました。

しかし疲れた。
posted by ニイナ at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする