2007年07月09日

8日の出来事

そういえば、7月8日は久世星佳さんのお誕生日でしたね〜
(同期のタキちゃんも確か同じ誕生日)

その8日、2回とも『エリザベート』を堪能していた私です。
その2回で起こった出来事。


まず昼公演。

謁見の間でルキーニが「宮廷でただ一人の男だと言われている、皇太后ゾフィー。彼女の助言は絶対だ」といって後ろの紋章幕が左右に割れたら…
ユミコフランツの後ろを走り去る影が!
頑張れ大道具さん!
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖炉と業火…二人の愛

それにしても、夏希さんは本当に素敵です。(なんだいきなり)
歌が格段にうまくなり、ホゲー部は現在休部中ですが…このレベルがキープ出来れば言うことない。(ムラではホゲープリンスとプリンセスが大活躍中らしいですが)
そして歌の粗が目立たなくなったことで、より『芝居力』が際立っているような気がします。
私は夏希さんってダンスより芝居の人だと思っているので(ダンスももちろん超素敵ですが)歌にもうまく感情が乗っている今回のトートは本当に素晴らしいと思うのです。
そして歌の合間や要所要所で呟くセリフがまた『水夏希ならでは』でオリジナリティ溢れるトートになっていると感じてます。
◎♪嵐も怖くないの後の「番狂わせが面白い」
◎♪ミルクの中の「そう」
◎ドクトルでの「王宮の中で撮影されたものですなぁ」、「これが彼の愛なんだ」
◎ルドルフの葬儀後の「死は逃げ場ではない!」
など、数は多くないけれど、どれもとても印象的です。
ささやくような、誰もが自分の耳元で囁かれているような、そんな風に虚空に浮き上がる言葉。
特にミルクでの「そう」は民衆の誰もが「頭の中にこだまする悪魔の囁き」のように聞いているんじゃないかと思います。
民衆を扇動しエリザベートを追い詰める。
自分の言葉ひとつで「何も見えない人々がその声を頼りに彷徨う」様をとっても楽しそうに眺めています。

でも。愚かな人間たちは簡単に自分の言葉に揺らぐのに。
エリザベートだけは揺るがない。
あと一歩のところまで追い詰めても、最後にはいつも「嫌よ」「違う」と否定される…
恋を知って初めて自分が揺らいでいるトートには、そのことも悔しくて仕方ないんじゃないかと。
 
続きを読むならココ
posted by ニイナ at 09:44| Comment(3) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

1日に二回は疲れるけど

初めての一階席♪(しかも開演1時間前に連絡もらったのです!)
た〜の〜し〜み〜

初日から下手ばかりですが、一階からの眺めを楽しんで来ま〜す。
(トート閣下観るには、下手側の方が美味しいし♪)
posted by ニイナ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陛下の愛の行方

夏希さん夏希さんばっかり言ってますが、ユミコフランツも大好きです。

ユミコフランツを良いな〜好きだな〜と思う場面はいくつもありますが、その中でも三つとても好きな場面があります。
あえて順番をつけるなら
1.ルドルフの葬儀
2.夜のボート
3.シシィの居室
かな。

葬儀での物言わぬ演技が涙腺直撃。
ルドルフへの思い、シシィへの思い…
きっと人の目など気にせず、泣いてしまいたいだろうに…
それを許されない、皇帝として生きることを運命付けられた彼の振る舞い。
ユミコが発する声は「シシィ」と「みな退室するように」だけなんだけれど、フランツの悲しみの深さと大きさが伝わって来ます。

甘いけれど甘すぎず、皇帝としての顔をもちながら一人の女性を追い求めて生き続けたフランツを愛情深く「生きて」いると思います。

トートに心かき乱され、フランツに寄り添って、『エリザベート』の世界を楽しんでいきたいと思います。
posted by ニイナ at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

気になるあれこれ

病院訪問の演出がずいぶん変わってます。…たぶん。
ムラで観たときは「なんでこんな改悪を…」と思ってげんなりだったんだけど、東宝版は凄く良かったので違うと思う。
しかしそれが本当なのか自分の記憶に自信がないんだよね…


初日、二日目とテルが苦戦してます。
どうしちゃったのかな〜二回目のムラ遠征時にとても良くなっていたので、初日は「えっ?!」とびっくり。
もっともっと出来るはず。早く掴んで欲しいな。

フィナーレは今日も地毛タンでした(*´∀`)
切れ味鋭くて血まみれです(爆)
は〜素敵だった。

明日は二回戦。かなりヘビーだけど頑張るぞ!
posted by ニイナ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も妖しい美しさ

閣下は眉がつり上がって「お怒りモードメイク」です。

あぁぁ。もうなんでもいいくらいカッコイイ!
オケは昨日よりゆっくりめですが、ヘタ過ぎます。
音を外すだけじゃなくて、音が消えてた(爆)
しっかりしてくれ…
posted by ニイナ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

吠える男前たち

・謁見を打ち切り、お見合いに出かける陛下を見送るシュヴァルツェンベルク(キタロウ)。「クワッシュ!」って吠えてた。あれ舌打ち?男らしかったわ〜

・ドクトル閣下、シシィに「違う!!」とバッサリ否定され、「ンゥワッフゥ!!」って感じに吠えてた。燃え上がる炎が見えた。カッコ良かったわ〜


そういえば、シシィの居室にムワ〜ンと現れた閣下、「出てって!!」って言われた後に机叩いてなかったな〜
愛してる相手をあんなに睨んじゃダメでしょってくらいおっかない顔してた。…素敵だったわ〜(なんでもいいらしい)
でもドアを出たら凹んでるの。…可愛いわ〜(なんでもいいらしい)
しばらく仰向いて燃え上がる気持ちを少し収めて、収まりきらない気持ちは民衆を煽る方で発散。
閣下は実に楽しそうに煽ってて、「人間なんてやっぱり簡単に思い通りになるんだ」って思ってそう。

ふふふ。思い通りにいかないから、気持ちがうんと熱く深まるのよね〜

あぁ楽しい。
明日も閣下と陛下を愛でて来ます♪
posted by ニイナ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地毛タンキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!

真矢みきさんもキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!
2列目センターでご観劇でした。二階から見ても美人♪

夏希さんおめでとう!
素晴らしい初日でしたよ°・(ノД`)・゜

で。
地毛タン…カカカカカカカカカ…カッコイイ〜(*´∀`)(*´∀`)(*´∀`)(*´∀`)
顔色の悪い外人みたいだけど(*´∀`)
もう釘付け。薄い色の金髪を軽くリーゼントにして、シャープで男前でしたわ。
ここのとなみちゃんの靴も深い色に替わってて全体バランスが良かった!

挨拶は…
忘れちゃった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
えっと〜外の暑さに負けず、熱く頑張るって言ってました。
カーテンコール2回目からスタンディングでした。
posted by ニイナ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一幕終わりました

最初チグハグでしたが、だんだん良くなって…
夏希さんは超素敵です(*´∀`)

メイクは割とノーマル(ノーマル?)ですわ〜
下唇左右の際と目尻からこめかみにかけてブルーラメが入ってました。
胸元には地平が広がるのみ(爆)

シシィの居室で最後通告を突き付けられ、ドアを閉められたユミコ陛下、落胆のあまり「あぁっ(´・ω・`)」って言ってた。
いい声なだけにちょっとキタ。

は〜夏希さんがね、エロくてカッコ良くて素敵なの〜
あの人カッコ良すぎるね(*´∀`)もう大好きだわ〜
posted by ニイナ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開場しました

いよいよ初日の幕があがります。
夏希さんの会は凄い列が出来てます〜

ドキドキハクハクするにゃ。
posted by ニイナ at 14:54| Comment(3) | TrackBack(0) | エリザベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする