2008年11月01日

ソロモン/マリポーサ(18回目)

今日はセンターのかなり後方からマッタリと観劇です。
…全体を見ればいいのに、つい夏希さんとユミコばっかりオペラで見てしまった。

ソロモンの海の場面(ここの話ばっかり書いてる気がするけど)でユミコが「ガラス玉の玩具の」と歌う時に夏希さんが片足を横に高く上げてバランスを取るような形になる、その不安定なポーズがかなり好き。

マリポーサのプロローグで、万歳しながらジャンプするみたいな振り付けが何度観ても面白い。
しかもエスコバルがやってると思うとなおのこと。

今日の夏希さん…じゃなくてネロはエスコバルとの別れが心底辛そうだった…
「俺の半身を奪わないでくれ」
っていう感じで。
 
続きを読むならココ

2008年10月31日

相手の呼吸を感じながら&マリポーサの壷

昨日観ていて、アリシアの芝居が変わったな〜って思ったんですよね。
エスコバルがミゲルを打ち倒した後、アリシアとセリアの短いやり取りがありますが。
ここの芝居が今までと全然違って、なんていうのかな〜
凄く2人が近い感じがした。一緒に出かけたりはしないけど、職場で仲のいい友達っているじゃないですか。あんな感じ。

ネロとエスコバルもその日によって違うけど、昨日はカフェの場面のエスコバルが違ったな〜
フェルッティのことをネロに聞かれて
「まだ調べてる、使えるかどうか。いずれにしても任せてくれればいい」
と答えるんだけど、「調べてる、使えるか」のところが全然違った!(ピンポイント過ぎ)
「、」がなかったんだよね〜「調べてる使えるか」と繋がってた。
それだけでずい分と感じが変わるもんだなぁと思って聞いていたんですが…
どう変わったのか説明できない。

続いては本当に細かいツボ。
 
続きを読むならココ

ソロモン/マリポーサ(17回目)

『ソロモンの指輪』
V6の三宅君がご観劇だったそう。(2階席の住人には関係ない…)

テルの髪型が魔法少女みたいで可愛かった(笑)
左右共に上がってました。

プロローグで色んな人たちが銀橋にやって来てそれぞれ小芝居してるけど、れの君が前を歩く紳士のポケットから懐中時計(たぶん)をスッてる。たま〜にミスってるのがご愛嬌。
後は宝石大事典みたいなドデカイ本を持ってたり、宝石箱持ってたり、ソロモン王までいて本当にいろいろで面白い。


『マリポーサの花』
「♪サボラミ」でクラブダンサーを隅から隅まで見ていたら、せしるがエリタンに見えてツボに入っちゃって(笑)
なんか似てたよ〜頬から顎のラインかな。

同じくクラブで、ネロとエスコバルがフェルッティの正体はなんだと話している時、後ろではお店の中の小芝居がいろいろと行われてますが。
今日ニワニワが絡まれてるな〜と思ってオペラで観たら、ヒメに頬をツンツンされたあげく撫で回されてた(爆)
しかも横からマオマオまで同じことしてた(爆)
その時はされるがままのニワニワでしたが、どうやら従業員の無体な仕打ちを支配人・ゴンザレスに訴えてた模様(笑)
なんかあまりに面白くて、チカユミそっちのけで見入ってしまった。

更にクラブには一人だけオカマなお客様がいる。というキタロウ茶で仕入れたネタを元に探したら、いるね〜(笑)
目立つよ!立ち方からして他と違うし、手は常に胸元で揺れてるし、もみ上げカールしてるし〜
かなり下級生だと思うけど、やりおる。

組総見だったので、拍手が綺麗だったな〜
二階サービスも色々あってお得でした♪

2008年10月28日

ソロモン/マリポーサ(16回目)追記

『ソロモンの指輪』
テルの髪型が初めて観るバージョンだった。
いつもは左側にキラキラを付けて垂らしてるだけだと思うけど、今日は右側にもキラキラを付けてしかも上げて外ハネにしてた。なんだか可愛らしい天使でした(笑)

マヤさんとハマリンコ先生が超固そうな&ドデカい浮き輪で楽しそうに遊んでるのがツボ(笑)
フラフープとして扱うにはかなり大変な代物だと思いますか…果敢に挑戦する二人に見惚れて(?)いるとユミコが出て来ちゃいます。


『マリポーサの花』
カフェでのエスコバルとアリシアのやり取り。
ア「もう来ないんじゃない?」
のセリフの途中からエスコバルが割り込んだ!(笑)
こういうバージョンは初めてでした。
いかにもイライラしている感じは出るからいいんだけど、ただでさえセリフ少ないんだから、邪魔したらあかん。
…などと思ってはいけないのかもなーなんせ「役で生きろ」なハリー芝居。
いやいや、でも下級生には基本優しくね(笑)

倉庫事務所(だっけ?)で猿轡をされているフェルッティ。
貧乏ゆすりをネロのキックで止められますが。
時々ここで「うっせぇーよ」とネロが言ってるんですよねー!
24日は言ってた。(たぶんここで初めて音で確認出来た)
ほとんどマイクが拾わないほどの音量なので、じっくり口元を観たくなる(笑)

今日のセリアはリナレスに対して凄く母性愛を感じたな〜
特に瞳子さんのパジャマ※(笑)を着て横たわるリナレスの頬にそっと手を触れる姿が優しかった〜
※『シークレット・ハンター』で汗だくなのにスーツの上から更に着せられちゃったパジャマ

エスコバルのラストセリ下がりでの歌、「あのひうまれおちて」が全部ひらがなだったよぅ。・゜・(つД`)・゜・。
↑伝わるのか?
でもねーこの場面を観ながら泣いたことは実は無い。(特に東宝では)
だって本人としては納得の最期だから。
彼が辛いとしたらそれは「死」そのものではなく、「もうネロと共に行けない」ということだと思うんだけど、でも自分で選び取った道の結果だから、私はいっそ「よく生ききった!」と思うんだよね。

2008年10月26日

ソロモン/マリポーサ(15回目)

また観てたのか!って感じですが、ユミコ総見に混ざって来ました。

超幸せそうに二階のファンを見上げる祝祭の彩吹さん(笑)
ミラーボール衣装に負けないくらい、目をキラキラさせてましたな〜
そしてよその総見も大好きな夏希さんまで嬉しそうに二階を見上げてるという(笑)
雪組いいね(ノ^^)八(^^ )ノ

バルタザールさんの二階見上げっぷりもなかなかでしたが、エスコバル終了後の彩吹さんは面白すぎました。

おかしい。二階席から観ているのに、正面顔が見えているってどーゆーこと(笑)
●娘役に囲まれて踊った後、とにゃみと組んだ去り際にウィンク。
(客席からちょっとキャー!って声が上ってました)
●男役ダンスのラストでウィンク。
●パレードラストは笑顔で二階へブンブン手を振って幕、でした。

**********

カフェの場面ではネロがなかなか来なくて(夏希さんの総見サービス?)エスコバルがアリシアに
「早く帰れよ!!」
とどなるまで芝居が続きました(笑)
いづるもネロの登場が遅いとき、毎回ニュアンスは一緒だけど言ってることや動きは同じじゃない気がする。
ハリーの『セリフを忘れろ、役になれ!』を実践出来てるってことかな?

ネロとエスコバルが「CIAだ、そうだ」って言うときにお互いを指差すの、初日からしばらくはやってなかったけど、ここ4〜5回は毎回してるなぁ。
なんかツーカーな感じが良い(*´∀`*)

エ「俺たちは周到に準備して目的を果たした」
ネ「その結果がこれか!ろくでもない」
のやり取り、一度だけエスコバルが机を叩くのを観たんだけど、いつだったかなぁ。

そう言えば今日は東京で初めてネロの瓶から水が飛び出すのを観た!

この場面で、瓶を持つ・飲むの動きが本当にスムーズで驚く。
新公を観た時に「あ〜やっぱりあれを何気なくやるのは難しいんだな」と思ったんだけども、チカユミは全くぎこちなさとか感じないもんな〜

凄くカッコ良くてまるで本当の男性かのような二人ですが、脚を組んだときに足首部分から「靴下」が見えないのが「紛れもなくタカラヅカだな」って感じでちょっとしたツボです。
男性なら靴はくるぶしまでの革靴で、脚を組んだら靴下が見えるから、なぜかあの場面で二人を観るといつも「タカラヅカだな〜幸せだな〜」と思ってます(笑)

2008年10月25日

ソロモン/マリポーサ(13,14回目)

朝は天井桟敷、午後は砂かぶりで観劇しました。
あまりにも見える世界が違う。凄い。

昨日、映画版『ソロモンの指輪』を見たので、重なり合っていた人物の位置関係とか、映像構成の自在さなんかに唸りながら観劇しました。
午後は近すぎてそれどころじゃなかったけど…
なんだか良い香りがしました(*´∀`*)

アイハラ嬢は金曜の公演で「イスマヨールを小馬鹿にする芝居」をしていて、初めて観るバージョンだったので得した気分&感心。
今日は二回とも今まで観た感じの「イスマヨールに呆れる芝居」だったかな。

後はコマがラストにイスマヨールを農場にいざなう場面。
イスマヨールに対して怒って急かす時と、半泣きで訴える時があって毎回どっちかな〜と楽しみ。
これもしっかり観ていればまた細かく色々あるんだろうな。(エスコバルに気持ちが引っ張られてるので、なかなかちゃんとは観られない)

そういえば、昨日のエスコバルは凄くつらそうなラストだったけど、今日はスッキリした顔をしてました。

2008年10月24日

すごかった〜

映画はアップ多用で疲れた〜
でもすごかったです。

基本的に歌っている人をアップで追い、場面によってはその人に重ねて踊る人たちを映し出す。
映像効果としてわざと滲ませたり、後は音を少し遅らせたりしていた気がするな。
ただとにかくアップ多用できつかった。

でもあのアップに耐える、夏希さんのメイクの美しさと言ったら!!
素晴らしい芸術作品です。
そしてユミコも本当にこの企画が今で良かった…と心底ホッとするほどメイク技術が上ってました。

雨は降ってますが、かなり小雨。
これからライブです。
なんかほぼド真ん中なんですけど(爆)
劇場とは席番号の並びが逆なので、多少混乱状態。

止んでない_| ̄|○

しっかり!(ってどこに向かって言えばいいのか)

一応屋根はあるんだろうし、AQUA5が大丈夫な感じで頼んますよ…
とりあえずつべこべ言わずに止め!(言わないけどさ)



…それで映画館ってどこ?(・ω・)?←六本木初心者

終演時間に雨は止む!(言霊)

友人の分もうちわを持って超満員電車に乗った私の労力は報われる!ハズだ。

しかし今は嵐のような天候です(爆)
携帯の天気予報だと、18時からは降水確率30%。
信じてるよ〜〜(σ・∀・)σ

まずは雪組通常公演からです。
行って来まーす!

2008年10月23日

ソロモン/マリポーサ(11回目)

海の場面の入り、ユミコが銀橋で歌っているのをオペラで観ていたら、夏希さんが俯いてスタンバイしている姿がセットの間から見える瞬間が訪れます。
今日はそのタイミングが神業だった〜!!
とその時は思ったんだけど、どういうタイミングだったか思い出せない(爆)
素晴らしかったな〜その心震えた気持ちは大事に覚えておこう。


マリポーサは、ネロが今まで観た中で一番優しい気がした。
世界にも人にもエスコバルにも。
カフェでのやり取り、「CIAだ、そうだ」の後にあんなに笑顔な二人は初めて観た気がする。

そしてエスコバルは今まで観た中で一番子どもっぽかった。
う〜ん違うな。やっぱり優しい感じがした。
ネロと自分が生きている世界に対して優しかった。

なんだか今日の二人は凄く根っこのところで繋がってる感じだったな〜

最近、港で一人残った後にエスコバルが「生きて何を…」と呟きながら脚をブラブラさせている姿が切なすぎる。
今日はもうネロと共には歩いて行けないと悟ってから泣いてた。・゜・(つД`)・゜・。
涙は流れていなかったと思うけど、涙声で嘆いてた。・゜・(つД`)・゜・。

はぁ。
やっぱり良いなぁ。
切なくてやるせないけど、なんだか幸せ。