2008年10月19日

ソロモン/マリポーサ(10回目)

組総見で拍手の大きさがスゴかった〜

マジシャンの前田さんがご観劇でした。
すっかりタカラヅカファンになられたようですね♪

組総見最大のスペシャルは、フィナーレ男役群舞ラスト、夏希さんの「グラシャス&(^_-)☆」でした。
夏希さんはクラブでの歌でも広範囲に投げキッスしていた気がする。
後はみんな二階へ目線を送ってたくらいかな〜
ユミコは芝居最初のクラブで歌う時に二階を指差したのと、フィナーレ男役群舞でウィンクしたくらい?
普通のショーじゃないのであんまりお遊びはなかったですね。
そう言えば、パレードの銀橋でひろみが二階を見上げていて可愛かった。


さすがにかなり体力の限界で、何度か半分意識不明に陥ってしまいました…(音は聞こえてるんだけど、目が開けていられない)

いろいろとまた細かいツボはあるのですが、いずれまた。

劇場の外でエスコバルの写真を指差しながら「この人顔は四角いけど歌がうまいのよー!」と言ってるマダムが(笑)
確かに間違いなく四角いですが、‘「けど」歌がうまい’って普通四角い人はうまくないのだろうか(笑)

ソロモン/マリポーサ(9回目)

読売旅行貸切でした。
お芝居の途中、後ろからいびきが(汗)
すぐお連れ様が起こしてましたが…ちょっと静かすぎますかね。
でもフィナーレでユミコが出てきたら「あの人さっき死んじゃった人よね?」とか聞こえてきて微笑ましかった(笑)

とにゃみの羽根には「可愛い〜」と声があがり、夏希さんの羽根には客席がどよめいておりました。

観劇前にちょっとめまいを起こして地味に焦りましたが、公演始まったら復活!う〜ん単純(笑)
腹ごしらえしてWです!

2008年10月18日

ソロモン/マリポーサ(8回目)

オペラの要らない席を取って頂いたので、ショーは使わずに世界を堪能。
…でもやっぱり同じところしか観てないんだよね〜
今日は巨大な鳥かごがそでから出てきたのにびっくり。
せり上がりじゃないんだ!(そこかよ)

インパラの角研ぎとか、蜘蛛の頭の蜘蛛とか、こだわりの娘役ちゃんたちいいわ!
最近娘役が大好き過ぎて、自分でちょっと引く(笑)

今日のユミコはショーでは柔らかかったのに、芝居でカミカミの神様に降臨されてました。
短靴がズボンをカミ、口がセリフをカミ、脚がステップをカンでた…
午後は立ち直っていますように。

ネロとエスコバルのカフェデート、今日は夏希さんがなかなか出てこなくて、「しつこいな!いい加減帰れよ!!」とエスコバルのイライラが爆発してました。
…そんなにネロを待つ時間を邪魔されたのが気に入らないのか(爆)

え〜っと、ここのやり取りでネロがリナレスのことを言い淀む辺りの芝居が好きですね〜
ネロの人に対しての優しさが見えるようで。
エスコバルはそんなネロの優しさが彼を傷付けることを心配しているように見える。
もうあの場面だけで見に来た甲斐がある!と毎度思うチカユミ重症患者ですみません。
幸せ〜(*´∀`*)

2008年10月16日

ソロモン/マリポーサ(7回目)

終わらない仕事を金曜に放り投げて(苦笑)日比谷に馳せ参じました。

海の場面、ユミコが歌い出した瞬間からヤバかった…
本舞台で踊り始めたら涙腺が決壊。
何だか分からないまま、西風まで泣き続けました。
舞台上にある全てが綺麗過ぎて眩しくて、切なくて哀しくて泣けて仕方なかった。
でもユミコの踊りは今日はやたら固かった…どうしたことだ。
泣いたらどこか気持ちがスッキリしました。
涙には浄化作用があるよね。


ショーも芝居もほとんどオペラを使わずに観ましたが、本当に夏希さんは体の使い方に隙がない。
どんな角度で観ることになっても美しいなぁと惚れ惚れします。
ショーでは海から白い風になるあたりの、水滴の音に合わせるように手を翻す振りに一番目を奪われます。

ユミコは指先が凄く細くて、男役にしては小さめの手だけれど優しい手だなぁと。
海の場面では柔らかくヒラヒラさせていてつい目で追っちゃいます。
あとは歌っている時に音に含まれている「W」な感じが凄く好き。
…これは説明するのが難しいというか伝わらない気がするけど…
ただ言葉を発してるんじゃなくて、なにか別の揺らぎが加わっている感じが心地良いなぁと聞いてます。
今回は『難破した船の』という歌詞が素晴らしいと思う。
ユミコの声に乗せて夏希さんが踊る。私にとって最高に贅沢な瞬間です。

『ソロモンの指輪』オフィシャルサイト

第21回東京国際映画祭で上映される、『ソロモンの指輪』のオフィシャルサイトが出来てます。
…遅くない?

◆『ソロモンの指輪』オフィシャルサイト(TCAショップ)
タカラヅカレビューシネマ第一弾になっているんですけど、今後も継続して上映されたりするのかな〜

舞台演出:荻田浩一
映像演出:橋本直樹
となっていたので、橋本さんについて調べてみました。
 
続きを読むならココ

2008年10月13日

ソロモン/マリポーサ(6回目)

「本日は体育の日!皆さん運動してますか?この劇場で拍手をするのもいい運動になると思います」
とマヤさんが言ってくれて、今日が体育の日だと知りました(苦笑)
…だから三連休だったのか。体育の日は10月10日なんだよな〜まだ私の中では。

二階のド真ん中で「海」の場面を堪能。
夏希さんやユミコをオペラで見たい気持ちをグッと抑えて、波の動きの柔らかくも力強い美しさ/流されているようで硬質な美しさと意志を持った指輪のコラボレーションを楽しみました。
あ、チカユミ魅惑のショットはオペラでガッツリ見ましたけど(笑)

しかし何度観劇してもチカユミ以外に目がいかない(爆)
他の人についての感想は期待しないで下さいませ。(してないとは思いますが一応)

マリポーサでの書きそびれたツボ
・イスマヨール邸にマフィアの妨害について伝えに行ったネロが、イスマヨールにつられて思わず「安全第一(グー)」ポーズをしちゃうところ(笑)しかもその後に「つられちゃったよ…」的ミニミニ芝居が付いてくるのが好きだ〜
・かおりのセリフが「さよなら」だけの切なさ…
(他の人もそうだけど、このたった四文字があまりに美しい声で印象的なのだ)
・エスコバルとアリシアのやり取りはネロが出るタイミングで長さが違う。時によってで面白い!どこまでセリフとして決まってるんだろう。(ルサンクで分かるかな?)
・パレードでの階段降り、歌う曲のテンションが違いすぎて笑いそうになる(笑)ユミコの歌なんて笑顔で歌うパレードに相応しくないし(苦笑)
・銀橋真ん中でのご挨拶、きちんと腰を折っての挨拶じゃないのを見ると、ヤンさんを思い出す(笑)

とか、また観る毎に気になる点が出てきそうです。

マリポーサの小さなツボ

いつだって予定を入れすぎて、気力は大丈夫だけど体力が厳しい…そんな雪組公演。
でも今日も観る訳ですが。

気になっているけど書き漏らしている小さなツボ
・サルディバル暗殺未遂の後、インタビューを申し込むロジャーが「記者なんですが」と言った瞬間に苦虫を噛み潰したような顔になるネロ&すぐさま逃げをうつエスコバル
・カフェデート中のネロとエスコバル。ロジャー登場でエスコバルは席を離れてビールをおかわり(笑)してます。その時によって、ビバリ嬢が瓶をエスコバルの目の前で振って見せたりいろいろしてる辺りの小芝居。
・ネロはサルディバルを眠らせた小道具(ハンカチ)を律儀に持ち帰るのに、エスコバルは放置。でも拳銃はホルダーに戻して帰る…なんかやってることがアンバランスで気になる
・フィナーレのゆめみちゃんがケロにそっくりな件

とか観るときに注目する所が増えていってます。

心配されている方がいらっしゃるようなので、夏希さんの様子についてですが。
確かにリフトは全て無くなりましたが、ネロとセリアのダンスであることを考えると、この方が普通だし違和感がありません。
振り付けも優雅になっていて素敵ですよ。
それからショーも芝居も全く問題なく踊っていますので、どこか良くないところがあるようには見えません。
リフトのカットは「芝居に即した変更」と捉えてご覧になることをオススメします。

ソロモン/マリポーサ(4,5回目)

東宝だと現実の中に宝塚があるので、ムラより疲れる(苦笑)
ムラに行く=非日常なので、きっとダブルでも平気なんだよね。(そういう問題か?)

12日11時は上手端、VISA貸切はセンターで観てきました。
VISA貸切の司会者、出てくる度に全身総とっかえで思わず笑っちゃう。
出演者か?ってほど派手だし(笑)

11時は上手端だったので、銃撃戦でユミコに蜂の巣にされました(笑)←気のせい
上手側だと、エスコバルの「生きて何を」がガツンと来るんだよね…
その時は「あぁ、この歌詞が…」とかグッときた所を覚えているのに、思い出そうとすると分からない。

猿ぐつわをされているフェルッティ・キタロウが、目で物凄い濃い芝居をしていて面白すぎる。
エスコバルに向かって「おい、お前知ってたのか?惚れた女の為にとか言ってるぞ。あり得ねーよなぁ」とか、セリフにするとこんな感じ?(笑)
ユミコよく無反応でいられるな〜と妙な感心の仕方をしてしまう。

ロジャーが猿ぐつわを外すとマシンガンのように話しだすフェルッティ。
うるささに顔をしかめるロジャーがツボです。
しかしフェルッティって懲りない男だよね〜
 
続きを読むならココ

2008年10月12日

公演スイーツ

ringsweet

早速食べてみました。
…まあこんなものでしょう。
パンチにかけるというか、ちょっとどっちつかずな味ですが。

今日は上手から観てます。

ソロモン王(にわにわ)がなぜ壁にへばり付くのかが気になって仕方ない(笑)
王様しっかり!

今回の公演、ショーも芝居のダンスシーンもゆめみちゃんに釘付けです。
カッコイイ!

2008年10月11日

お〜〜〜いお茶貸切(3回目)

とても観やすい一桁列センターを引き当てて下さって、堪能しました(*´∀`*)

夏希さんってなんであんなにカッコイイのかな〜(素)
指先までキッチリ作り込まれたその美しさにウットリ(*´∀`*)


『ソロモンの指輪』
ユミコはメイク綺麗になったよね。
爪飾りはやはり固定のようで、二回とも初日と同じでした。
貼ってるのか、夏希さんと同じくテグスなのかどっちかな〜貼ってるみたいに見えるんだけど。

夏希さんの指飾りはムラより増えてる?
形が複雑になってる気もする。キラキラと綺麗です。

海の場面、始まりから白い風辺りまでの流れが好き過ぎる〜
夏希さんとユミコが同じ振りを並んで踊る所とかたまらん!

そう言えば、始まりの夏希さん登場が上手スッポンになって、終わりとシンメトリーで収まりが良くなりましたね。
…なんでムラは花道登場だったんだろう。
 
続きを読むならココ